遂に来るか?!メルセデスベンツ新型AMG GTブラックシリーズがニュルブルクリンク市販車最速記録の6分43秒を更新?最新ランキングも見ていこう【動画有】

AMG GTブラックシリーズがホッケンハイムに続き、今度はニュル最速記録を更新か!

メルセデスベンツAMG GTの最高峰とも言えるハイパフォーマンスモデルのAMG GTブラックシリーズ(Mercedes-Benz New AMG GT Black Series)。

このモデルが先日、ホッケンハイムリンクにてポルシェ911GT2RS MR(Porsche 911 GT2 RS MR)の1分43.47秒よりも0.17秒速い1分43.3秒で記録更新し大きな話題となりましたが、遂に今度はドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのノルトシュライフェにて市販車最速記録を更新した?!と報道されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

現在ニュルブルクリンクの市販車最速は、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(Lamborghini Aventador SVJ)の6分44.97秒ですが、AMG GTブラックシリーズは、これよりも1.97秒も速い6分43秒にてクリアしているとのことで、まだ現時点では確定ではないものの、近日中にAMGから正式なオンボード映像が公開される予定となっています。


これが本当であればフロントミドシップでニュル最速記録は極めて珍しい

恐らくAMG GTブラックシリーズに設定されている足回りは、前回のホッケンハイムリンクのラップタイムに備えたミシュラン製パイロットスポーツカップ2RMO1Aタイヤだと思われ、フロント285/35 ZR19、リヤ335/30ZR20の前後異径サイズ。

パワートレインは、市販モデルと変わらない排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力730ps/最大トルク800Nmを発揮、トランスミッションは7速DCTを搭載します。

直線性のパフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間が3.2秒と驚異的な速さを持つわけではないものの、恐らくコーナリングに焦点を当てたサーキット向けモデルなのだと思われます。

現在のニュルブルクリンク市販車最速ランキングはどうなっている?AMG GTブラックシリーズの6分43秒が入ればランキングはどうなる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう