これは酷い…道の駅に続き、今度は新潟県・田ノ浦にてトヨタ86が悪質な違法ドリフト。スポーツカー乗りのイメージは更に悪くなる一方だ【動画有】

楽しむことだけを目的に、周りのことを考えない行動がどれだけ迷惑をかけているかを考えなければならない

以前、上の動画にある埼玉県秩父郡横瀬町にある道の駅・果樹公園あしがくぼの駐車場にて、ホワイトカラーのトヨタ86が悪質な定常円を作るドリフトを繰り返し、テレビニュースなどでも大きく取り上げられていましたが、今度は新潟県の田ノ浦にある一般駐車場でも、同じホワイトのトヨタ86が悪質なドリフトを繰り返しているとのこと。

ドリフトを繰り返しているドライバーは外国人で、ナンバーは「新潟338 ・・86」とのことですが、空いている駐車場とはいえ、公共施設を好き勝手にタイヤ痕を残すようなドリフトは大問題。

先ほどの道の駅での件でも同様ですが、こうしたことが繰り返されることで駐車場の一般利用が禁止される恐れもあり、無料で利用できる駐車場が有料扱いとなる恐れも…


悪質なドリフトを繰り返す人物は、一か所だけに留まらず色んなところで行っているようだ

ちなみにこの86のドライバーは、田ノ浦だけに限らず様々な駐車場でも悪質なドリフトを繰り返しているとのことで、恐らく警察サイドもマークしている可能性が高そう。

ドリフトをする人間は楽しいかもしれませんが、タイヤ痕が残った駐車場に停めるときの不安は非常に大きく、心理的に「この駐車場は治安悪いんだろうなぁ。絡まれたくないし二度と来たくない」と思われてしまった場合、田ノ浦のイメージもマイナス方向にしか働きません。

一部のスポーツカー乗りがこうした非常識なことを繰り返すことで、世間のスポーツカー乗りに対するイメージも決して良い方向には働きませんからね…

こうした悪質なことを繰り返すことで、スポーツカー乗りの居場所がどんどん無くなっている背景には、自分勝手な迷惑行為を繰り返している人々にあることを忘れてはいけませんし、今回ドリフトをしている人物が「自分たちの居場所がどんどん無くなっていく」と他人事のように発言するのもお門違いであることを忘れてはいけませんね。

☆★☆ハプニング関連記事5選はコチラ!☆★☆