マイナーチェンジ版・トヨタ新型(220系)クラウンが2020年11月2日に発売スタート!よりラグジュアリーで先進的な12.3インチナビを搭載し、価格は489.9万円から

新型220系クラウンはユーザーの意見を取り入れた一台になっているのか?

トヨタのマイナーチェンジ版・新型(220系)クラウン(Toyota New Crown)が、2020年11月2日より発表・発売スタートとなりました。

当ブログでは、どこよりも早くマイナーチェンジの詳細やボディカラー情報、グレード別価格帯、そして見積もり内容(値引きや納期含む)を公開してきましたが、今回はトヨタ正式にプレスリリースされた内容も含めて細かくチェックしていきたいと思います。

マイナーチェンジによるエクステリアは小変更レベル

まずは新型クラウンのフロントフェイスを見ていきましょう。

今回のマイナーチェンジではフロントマスクの変更は行われず、その代わりとしてリヤテールランプのメッキ加飾がスモークメッキ加飾へと変更され、各種ホイールデザインも先代のものを上手く流用した”クラウン”らしさを取り戻した一台となっています。

特にエクステリアデザインについては、マイナーチェンジ前のデザインの評判が高かったとのことから、今回は敢えて大幅な変更を加え、最も不評だったインテリアに力を入れているそうです。

とは言え、これだけで終わらせないのがトヨタらしいところで、G/G-Executiveグレードでは点滅タイプだったウィンカーが、今回のマイナーチェンジで流れるタイプのシーケンシャルに変更されたのも地味に大きいポイントだと思います。


スポーティなRSグレードは、よりスポーティなアルミホイールで勝負

ただクラウンのエクステリアはそのままというわけではなく、例えばRSグレードに関しては、足元のRS専用18インチアルミホイールがシングル5スポークタイプから、デュアル5スポークタイプへと変化したことで、先代のアスリートを想起させるようなところもあり、これはこれで既存クラウンオーナーだけでなく、新規顧客獲得を狙った一種の攻めの部分でもあるようです。

上位グレード専用のマルチスポークホイールも見逃すな!

もちろんこのほかにも、18インチのG-Executive専用18インチマルチスポークアルミホイールも準備していて、こちらはいかにもクラウン・マジェスタから流用したようなラグジュアリータイプ。

個人的にはこれぐらいスポーク数が細くて、フラッグシップモデルらしい見た目を重要視した(洗車のことは一切考えない)ホイールの方があって良いと思いますし、恐らくトヨタもクラウンの立ち位置をより高いものにしたい想いがあるのかもしれませんね。