フルモデルチェンジ版・スズキ新型ソリオ/ソリオ・バンディットは酷評だけじゃない!デザイン性や先代から引き継いだレイアウトもプラス評価になっているようだ

2020-11-23

新型ソリオ/ソリオ・バンディットはプラス評価の声も多いぞ!

さてさて、2020年11月25日に発表、12月4日に発売予定となっているスズキのフルモデルチェンジ版・新型ソリオ(Suzuki New Solio)/ソリオ・バンディット(New Solio Bandit)ですが、前回当ブログにてティーザーパンフレットの中身を公開したところ、SNSでの周囲の反応・口コミや当ブログに頂いている問い合わせ内容より、かなり酷評も多かったようですが、一方で口コミなどで高い評価を受けているポイントもありましたのでそちらもご紹介していきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽


大きく進化することで、意見が大きく分かれるのは当たり前

フルモデルチェンジでもマイナーチェンジでも同様ですが、内外装を大きく変化してくると、どうしてもそれに対しての賛否は絶対的につきもので、しかも今回かなり期待されていた新型ソリオ/バンディットは、それだけ注目している人も多かったということに。

先述の通り、酷評ポイントは確かに多かったものの、その一方で「新型ソリオはかなり良くなりそう!結構期待できるぞ!」といった意見も多かったのも事実。

例えばスタンダードタイプの新型ソリオだと、見た目が一気に引き締まり、精悍な顔つきで現代的との評価が多く、ボディスタイルのことも考えると、トヨタ・ノア(Toyota Noah)を想起させるようで、今回のFMCは新型ソリオに集中する可能性も高そう。

特にシームレスなLEDデイタイムランニングライトを搭載したことで一気に高級感が増していますし、あらゆるところにメッキ加飾とブラックのパーツをあしらうことで、オラオラ過ぎないバランスの取れた顔つきになっているのも、ソリオファンにとってはかなり食指を動かすポイントになっているそうです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

この他、新型ソリオ/バンディットのプラス評価はどういったところがある?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう