これがルノー新型カングーをベースにしたメルセデスベンツ新型Tクラス?その名はシタン(CITAN)…タクシー市場でも活躍しそうな小型商用車だ

メルセデスベンツから何やら楽しそうなモデルが登場しそうだ

先日、ルノーのフルモデルチェンジ版・新型カングー(Renault New Kangoo)が世界初公開されましたが、今度このモデルをベースにした新世代LCVモデルがメルセデスベンツから発表されます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

このモデルについては、以前よりTクラス(Mercedes-Benz New T-Class)という名称にて登場するとの情報があり、既にティーザー画像などもリリースされていたのですが、どうやら名称はシタン(CITAN)になるようです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そして今回、新型シタンの開発車両も目撃されているのですが、ボディ全体には分厚めのカモフラージュが施され、しかしボディスタイルは新型カングー同様に小型商用車っぽさを持たせたLCVタイプとなりそう。


スタイリングはカングー、フロントマスクはベンツという異色の組み合わせ

一応発売時期としては2021年後半ごろと言われている新型シタンですが(デビュー自体は2021年春頃との噂も)、プラットフォームやパワートレインも基本的に新型カングーがベースになるものの、内燃機関のみをラインナップするのか、ピュアEVのみをラインナップするのか、それとも両方ともラインナップするのかは一切不明なまま。

ただ、一部カモフラージュされていないフロントグリルやフロントヘッドライト、そしてアルミホイールを見る限りは、メルセデスベンツ特有のデザイン言語を採用し、更には安全性や耐久性、信頼性といったところではルノーと大きく異なってくるそうです。

サイドビューはこんな感じ。

先ほどのスパイショットとは異なり、こちらは足元に鉄チンホイールを装着しているのでエントリーグレードだと思いますが、ボディスタイルとしては、Aピラーから滑らかな傾斜でルーフラインに流れ、その後トップルーフはフラットに近く、一気にリヤハッチで下っていく積載性を重視したスタイルなのがわかります。

恐らく新型カングー同様にシタンでも採用されると思いますが、敷居はかなり低く、後席用ドアの開口部も大口化することで積み下ろしを容易にすると考えられます。

タクシー市場でも十分対抗できそうだが?

ちなみにLCVというスタイルで高い人気を誇るのが、イギリスの自動車LEVC(London EV Company)が販売しているピュアEV仕様のライトバン型タクシーTXで、こちらは日本市場にも導入することが決定していて、トヨタ・ジャパンタクシーと直接的なライバルになり、その価格帯はかなり割高な約1,120万円。

▽▼▽関連記事▽▼▽

しかもボディサイズは全長4,855mm×全幅2,036mm×全国1,880mmとかなり大柄なので、車内の居住性も良好。

東京都での営業ナンバー登録であれば補助金が絡んで約755万円ほどになるとのことですが、航続可能距離も約600kmと非常に長く実用性も高いので、こういったタクシー業界でも新型シタンが参入する可能性もあるかもしれませんね。

☆★☆メルセデスベンツ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう