遂に顔も捉えた!フルモデルチェンジ版・ホンダ新型シビック・ハッチバックの開発車両をスパイショット。他にも目撃情報多数

日本国内でも本格的に始動している次期シビック・ハッチバックの開発車両

2020年11月18日、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型シビック・セダン・プロトタイプ(Honda New Civic Sedan Prototype)が世界初公開され大きな話題を呼びましたが、今回は次期シビック・ハッチバック(New Civic Hatchback)の開発車両が目撃されています(画像を提供いただけたC様には心より感謝!)

中央自動車道の韮崎(にらさき)IC辺りにて目撃された新型シビック・ハッチバックの開発車両ですが、ボディ全体にはダズル迷彩のカモフラージュラッピングにて偽装されているものの、リヤテールランプの一部は確認することができますね。
※韮崎IC付近以外でも、日本国内にて開発車両の目撃多数

足もとのアルミホイールも、先日公開された新型シビック・セダン・プロトタイプと同じ19インチのデュアル5スポークアルミホイールを装着していることも確認できます。


セダンと同じデザインホイール→カモフラージュ用?

ちなみにこちらが、11月18日に公開された次期シビック・セダン。

セダンとハッチバックでホイールを共有する可能性は無きにしも非ずですが、もしかするとカモフラージュ用でセダンのホイールを履かせている可能性は高そうですね。

こちらはリヤエンド。

まだまだ偽装分厚めですが、リヤテールランプがL字型っぽいデザインになっているのがわかり、リヤロアバンパーには水平基調のリフレクター、そして両端にはエキゾーストフィニッシャーがインストールされています。

このほか、盛り上がったリヤフェンダーから下部にかけてシャープに変化しているものの、それでもワイド&ローが強調されているのはユニークなところだと思います。

シビック・ハッチバック

こちらが過去に完全リークした新型シビック・ハッチバックの特許画像。

L字型に加え、トランクの中央にまで直結するテールアンプもしくはガーニッシュが設けられた一文字風で、いかにもグローバルモデルっぽいデザインへと変化しているがわかります(マフラーフィニッシャーは省略されている)。

間近でスパイショットされた新型シビック・ハッチバックのフロントマスクはどんな感じ?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう