遂に顔も捉えた!フルモデルチェンジ版・ホンダ新型シビック・ハッチバックの開発車両をスパイショット。他にも目撃情報多数

間近でスパイショットされた新型シビック・ハッチバックのフロントマスクをチェックしていこう

そして遂に捉えた新型シビック・ハッチバックのフロントマスク!

かなり切れ長のフロントヘッドライトハウジングで、パッと見た感じLEDデイタイムランニングライトやLEDヘッドライト、そしてフロントバンパー形状はセダンからある程度流用しているような感じでしょうか。

ちなみにこちらが完全リークしている特許画像。

セダン同様、グリルレス風のフロントバンパーやトヨタのデザイン言語のようなキーンルックグリル、それに合わせたホンダ新型フィット4(Honda New FIT4)の八重歯風のインテークフレームが設けられているのが確認できます。


よりスポーティで線を細くするためにノーズは長め?

改めてフロントデザインを見ていくと、フロントノーズは長めでフロントオーバーハングも少し長い印象を受けますが、現行モデルに比べて線が細く、キャビンも若干ではあるものの中央に寄り気味。

スポーティという表現に加えてラグジュアリー系も強調付ける不思議な一台になりそうな新型シビック・ハッチバックですが、走りや乗り味、シートの座り心地もどのように仕上げてくるのか、どういったコンセプトで販売してくるのか注目したい所です。

なお新型シビック・セダンが北米にて発表され、2021年春頃より発売スタート予定となっていますが、現時点で日本市場向けがいつ発売されるかは不明。

今後は新型シビック・ハッチバック/シビックSi/シビック・タイプRも次々デビュー予定となっていますが、これらのモデルも日本市場に導入されるかは明らかになっていないようです。

☆★☆新型シビック関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう