これがフルモデルチェンジ版・日産の新型ノートのインテリアだ!7インチ液晶ディスプレイ搭載でフルデジタル風&先進的に、センターシフトも新型アリア風

遂に新型ノートe-POWERのインテリアが丸わかりに!

2020年11月24日に発表/12月23日に発売予定となっている日産のフルモデルチェンジ版・新型ノートe-POWER(Nissa New Note)ですが、遂に発表直前にインテリアも明らかになりました(掲載元はコチラ)。

今回公開されているのは、日産にて配布されているティーザーパンフレットの一部で、エクステリアデザインだけでなくコックピット周りやセンターシフト、シートデザイン、グレード別価格帯、機能性についての詳細が表記されています。

早速今回は、新型ノートe-POWERの最も気になっているであろうインテリアをメインに見ていきたいと思います。


新型ノートe-POWERのインテリアはこうなっている

こちらが最も気になっていたであろう新型ノートe-POWERのインテリア。

メーター系を見ていくと、7インチのアドバンスドドライブアシストディスプレイが全グレードにて標準装備され、いかにもフルデジタル液晶のようにも見えますが、新型ローグ(New Rogue)/フェアレディZ(New Fairlady Z)のような12.3インチフルデジタル液晶ディスプレイとは異なります。

左側にメーターなどのデジタルディスプレイ(パワーメーター/エネルギーフローメーター/バッテリー残量計/ドライビングコンピューター付/時計/外気温表示)がオフセットされていて、右側が速度計度等の固定LCDタイプになっています。

このあたりのメーターの魅せ方は非常に上手く、先代ノートとは大きく異なりつつも先進性を持たせた日産の新たな挑戦を見せるコックピットだと思います。

ナビゲーションディスプレイも最大9インチの設定が可能

そしてその左隣りには、新型ノートe-POWERより採用される9インチ大型ナビゲーションディスプリを搭載。

全グレードディーラーオプションにて準備されていますが、上位グレードXに関しては、プロパイロット(ProPilot)とのナビリンク機能の関係でメーカーオプションとしても設定されています(オプション費用は約44万円と高額)。

その下には水平基調で細めの通気口が設けられ、その下部にはシンプルなフルオートエアコン、更にその下にはUSBポート等のユーティリティ関係が設けられていますね。

センターコンソールも見ていくと、センターシフトノブはスクエア型に近く、どちらかというと2021年9月に発売される新型アリア(New Ariya)に近い印象で、その右隣りには電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドが標準装備されています。

センターアームレストやシートも丸わかりに

センターアームレストは結構高い位置にあるため、新型キックスe-POWER(New Kicks)にて不満に感じていた低さは無く、快適性も高そうです。

そしてシートはファブリックで、シートカラーも全グレード・ブラックのみのラインナップになるため、選択の自由度は低めとなっています。

日産ディーラーの担当スタッフさんが、新型ノートe-POWERに実際に試乗してみての内装のインプレッションは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう