【悲報】トヨタ・プリウスα/ポルテ/スペイド/プレミオ/アリオンが正式に生産終了へ。販売不振並びに車種のスリム化目的であれば致し方ない選択?

まさかトヨタが5車種一気に生産終了をアナウンスするとは

さてさて、以前より噂されていた通り、2020年12月1日にトヨタ公式がプリウスα(Toyota Prius)/ポルテ(Porte)/スペイド(Spade)/プレミオ(Premio)/アリオン(Allion)を生産終了することを発表しました。

詳細な時期としては、ポルテ/スペイドが2020年12月上旬で、プレミオ/アリオン/プリウスαが2021年3月末となりますが、既にポルテ/スペイドは受け付けも終了しているとのこと。

ポルテ/スペイドともにフルモデルチェンジすることなく年内での販売を終了することはちょっと残念ですが(厳密にはポルテが2代目で終了)、今後はマイナーチェンジ版・新型ルーミー(New Roomy)の販売に注力していくものと考えられます。


ハイトワゴン系で圧倒的な人気を誇るルーミーを主軸にするのはトヨタとしても効率が良い

既に新型ルーミーもタンクと統合しているため、今後トヨタのラインナップは半数近くにまで絞られ、よりシンプルなものにまとめられることになりますが、スタイリング的にも最も被るであろうポルテ/スペイドが真っ先に販売終了するのは何となく納得できますし、しかも2020年7月2日に特別仕様車の登場を最後にするというのも美しい終わり方ではないかと思いますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

なお新型ルーミーはの新車販売は順調で、2020年10月度の登録新車販売台数ランキングでは11,487台と全体の3位につけるほど。

タンクとの集約に留まらず、実質的にはポルテ/スペイドとも集約することになるため、トヨタとしては今後の売れ行きをアピールする上で非常に効率の良い選択をしたのではないかと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

2021年3月末に生産終了するプレミオ/アリオン/プリウスαの置き換えや後継はどうなる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう