スバルが新世代ピュアEVクロスオーバーを欧州にて発売すると報道!トヨタのe-TNGAを搭載する新型エヴォルティスがいよいよ登場か

いよいよスバルが2021年1月に新世代ピュアEVモデルを発表するようだ

トヨタは以前、スバルとの共同開発によって誕生した新世代EV向けプラットフォームとなるe-TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)の概要を公開し、前輪駆動(FWD)/後輪駆動(RWD)/四輪駆動(AWD)はもちろんのこと、Cセグメント及びDセグメントのセダンやクロスオーバーなど、かなり汎用性の高いプラットフォームであることを明らかにしました。

そして今回、スバルが2021年1月に欧州市場向けとなる新世代ピュアEVクロスオーバーのプレビュー並びに量産モデルを発売すると報道されています。


その名はやっぱりエヴォルティス?フォレスターと同サイズのミドルサイズSUVになるようだ

現時点でどのような名称となり、どのようなスペックとなるかまでは明確になっていないものの、トヨタとの共同開発プラットフォームe-TNGAを採用することは確実で、フォレスター(Forester)と同サイズの中型クロスオーバーになるとのことから、恐らくは以前より噂されている新型エヴォルティス(New EVOLTIS)の可能性が高そうです。

更にスバルは、新型ピュアEVクロスオーバー以外にも、次期インプレッサ(Impreza)やフォレスター、XVのマイルドハイブリッドモデルも発売することを示唆していて、これまでノンハイブリッドモデルばかりを主体に販売してきたスバルとしては、ここから一気に欧州の環境法規制や市場のニーズにマッチしたモデルを積極的に発売していく計画となっているようです。

新型エヴォルティスのスペックはどうなる?デザインや競合モデルは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう