アルファロメオ新型トナーレが2021年11月に発売との噂。初のコンパクトSUV&PHV搭載の情報もあり、アウディ新型Q2やBMW・X1などがライバルになる?

新型トナーレはかなり厳しいコンパクトSUV市場に足を踏み入れることになる

新型トナーレのフロントマスクを見ていきましょう。

過去に完全リークされた画像を参考にさせて頂くと、盾形グリルに加えて大きくワイド化したLEDヘッドライト、フロントロアグリルはメッシュデザインで非常にワイドで、全体的にアグレッシブでスポーティな印象を受けます。

ボディサイズについては明確になっておりませんが、コンパクトSUVという立ち位置であればBMW・X1やアウディQ2、メルセデスベンツGLAクラスなどが対象になってくると思われ、かなり競合性の高いプレミアムコンパクトSUVが更に活発化してきそう。


個性的なデザインや先進装備などでも勝負

リヤエンドはこんな感じ。

キープコンセプトスタイルでセンター直結風のテールランプと言うのも非常にオシャレ。

昨今のトレンドデザインにもなっているからなのか、アルファロメオも時代の流れに上手く合わせてきた印象があり、しかしテールランプには一文字だけに留まらずU字を連ねることで強い個性を引き出しています(エンブレムの直下にはTonaleのバッジも)。

ちなみにインテリアはこんな感じ。

現行ステルヴィオの内装をより先進的にし、メーター類はフルデジタル液晶、ナビゲーションディスプレイ(もしくはディスプレイオーディオ?)はフローティングタイプでセンターダッシュボード上部に設けられています。

パワートレインはPHVとMVの2種類?

最後に気になるパワートレインについてですが、(最も濃厚な情報として)排気量1.3L 直列4気筒エンジン+電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッド(PHV)システムを採用し、システム総出力237hpを発揮、バッテリーのみでの航続可能距離は50km、130km/hまでであればエンジンを一切使わずに電気モーターのみでの走行が可能とのこと。

そして更なる上位グレードもラインナップ予定とのことですが、これについては排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジン+シングルモーターを組み合わせるマイルドハイブリッドシステムを崔好、最高出力330hpを発揮すると言われています。

☆★☆FCA関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com