フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザー300がまたまた完全リーク!どうやら2種類のヘッドライトデザインが存在するようだ

なお日本市場向けは全グレードフルLEDが標準装備のようだが…

さてさて、いよいよ2021年6月10日に詳細情報が明らかになり、同年6月下旬にはグレード別価格帯や見積もり作成、そして同年8月上旬に発売予定となっているトヨタのフルモデルチェンジ版・新型ランドクルーザー300(Toyota New Land Cruiser 300)ですが、またまたこのモデルに関する新たなリーク画像が公開されています。

毎回新型ランクル300に関するリーク情報を掲載しているのは、インスタグラムユーザー:@LandCruiser&LXUpdates氏。

リーク画像より、フルLEDヘッドライトを採用するグレードと、一部ハロゲンなどを搭載するグレードが存在しているようです。

早速フルLEDと非フルLED搭載モデルのヘッドライトデザインを比較していきましょう。


こうして見ると全く表情が異なり、フロントグリル周りも異なる

こちらが今回完全リークされた新型ランドクルーザー300のフロントヘッドライト周り。

上段のモデルがエントリーグレードで、フロントウィンカーは内側が点滅する豆球式だと思われ、フロントヘッドライトは三眼っぽいLEDにも見えます。

そして下段のモデルが上位グレードだと思われ、L字型のLEDデイタイムランニングライトで立体感を演出し、そして三眼LEDヘッドライトを搭載しているのがはっきりと確認できます。

なお今回スパイショットされている画像は、何れも中東市場向け用として輸送されているモデルをズーム撮影したものになりますが、日本市場向けはエントリーグレードGXからフルLEDとの情報も。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そしてウィンカー関連については、フロント・リヤ共にLED点滅が標準となりますが、上位グレードとなるZXのみフロント・リヤウィンカーが流れるタイプのシーケンシャルを採用する点はちょっと謎。

恐らくZXグレードは、オフロード系とは異なるラグジュアリー系に重点を置いた専用グレードだと考えられ、実用性の高さをアピールするためにキックバック式のハンズフリーテールゲートを標準装備するなど、こういったところは他のグレードには無いポイントだと思います。

ボディカラーも一部グレードによって差別化

ちなみに今回スパイショットされた新型ランドクルーザー300のボディカラーは、上段がホワイトパールクリスタルシャイン、下段がグレーメタリック。

上級グレードになると、ホワイトパールクリスタルシャインではなくプレシャスホワイトの設定が可能になるため、この辺りの差別化も結構ハッキリとしているようです。

過去に噂された新型ランドクルーザー300の情報は、どのような内容が掲載されていた?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう