奈良県の高速道にて、78歳の高齢ドライバーが運転していたトヨタ・クラウンが逆走→軽自動車に衝突で35歳ドライバーが死亡…バイパスをUターンするトヨタ・プリウスαも【動画有】

なお78歳の高齢ドライバーは頭などをケガ→命に別状は無し

2021年1月6日の午前0時40分頃、奈良県・大和郡山市の西名阪自動車道の上り線にて、追い越し車線から逆走してきた乗用車と軽自動車が正面衝突し、軽自動車を運転していた35歳の男性ドライバーが死亡するという大変な事故が発生しました。

今回の衝突事故によってフロントが大破した車両がコチラ。

何れの車両もフロントバンパーが無く、エンジンも完全に破壊されて自走も不可のため、恐らく相当なスピードにて衝突したのではないかと考えられます。

左側の車両がトヨタ・クラウン(Toyota Crown)で、右側はハイトール軽ワゴンタイプですが、おそらくはホンダN-BOXではないかと推測されます。


これからが大事な時期となる若き男性の死は、悔やんでも悔やみきれない

コチラが軽自動車のフロントウィンドウ周り。

エアバッグも展開されていますが、残念なことに軽自動車を運転していた大阪府・八尾市の置田和也さん(35)が死亡したとのこと。

一方で乗用車を運転していた高齢トライバーの男性(78)は、頭などにけがをして病院に運ばれましたが、命に別状は無かったとのこと。

年齢としても2倍以上も異なり、35歳の男性はこれから仕事やプライベートに充実した日々を送っていくはずで、もしかしたら家庭を持っていたかもしれないのに、このような形で人生を終わらせてしまうのは悔やんでも悔やみきれないところです。

一体なぜ高齢ドライバーは逆走事故を繰り返してしまうのか?更にバイパスにて逆走するトヨタ・プリウスαも目撃される…気になる続きは以下の次のエージにチェック!