【国産乗用車編】2020年12月&2020年1月~12月の登録車新車販売台数ランキング50を一挙公開!12月度も累計も全てトヨタ新型ヤリスが圧勝!

2021-02-15

続いては2020年1月度~12月度の登録者新車販売台数ランキングを見ていこう

続いてはいよいよ、2020年1月度~12月度の年間販売ランキング。

常にトップを獲り続けてきたトヨタ新型ヤリスシリーズ(ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス)が1位になることはわかってはいるものの、2位にどれだけの差をつけて圧勝しているのか、そしてトヨタが上位を独占するなかで、他のメーカーがどれだけ粘りを見せているのかをチェックしていきましょう。


2020年1月度~12月の累積新車販売台数ランキング

2020年1月度~12月度の(乗用車)累計新車販売台数ランキングは以下の通り。

【2020年1月~12月の累計登録新車販売台数ベスト50】

  1. トヨタ・ヤリス(ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス):151,766台
  2. トヨタ・ライズ:126,038台
  3. トヨタ・カローラ:118,276台
  4. ホンダ・フィット:98,210台
  5. トヨタ・アルファード:90,748台
  6. トヨタ・ルーミー:87,242台
  7. ホンダ・フリード:76,283台
  8. トヨタ・シエンタ:72,689台
  9. 日産・ノート:72,205台
  10. トヨタ・ヴォクシー:69,517台
  11. 日産・セレナ:68,648台
  12. トヨタ・プリウス:67,297台
  13. トヨタ・ハリアー:66,067台
  14. トヨタ・アクア:59,548台
  15. トヨタ・RAV4:54,848台
  16. トヨタ・ノア:45,434台
  17. スズキ・ソリオ:40,342台
  18. スバル・インプレッサ:36,658台
  19. トヨタ・タンク:35,591台
  20. ホンダ・ステップワゴン:34,441台
  21. トヨタ・C-HR:33,676台
  22. トヨタ・パッソ:32,968台
  23. ホンダ・ヴェゼル:32,931台
  24. ダイハツ・ロッキー:31,153台
  25. マツダ・MAZDA2:28,368台
  26. スズキ・スイフト:28,108台
  27. マツダ・CX-30:27,006台
  28. トヨタ・エスクァイア:26,368台
  29. トヨタ・ランドクルーザーW:26,296台
  30. マツダ・CX-5:24,222台
  31. スバル・フォレスター:24,056台
  32. トヨタ・クラウン:22,173台
  33. 日産・エクストレイル:20,280台
  34. ダイハツ・トール:19,699台
  35. マツダ・MAZDA3:19,215台
  36. 日産・キックス:18,326台
  37. トヨタ・ヴェルファイア:18,004台
  38. ホンダ・シャトル:16,703台
  39. スズキ・ジムニーワゴン:16,603台
  40. スズキ・クロスビー:15,546台
  41. マツダ・CX-8:14,047台
  42. スバル・レヴォーグ:12,111台
  43. トヨタ・カムリ:12,085台
  44. 日産・リーフ:11,286台
  45. 三菱・デリカD:5:11,157台
  46. トヨタ・ヴィッツ:10,419台
  47. ホンダ・オデッセイ:9,717台
  48. レクサス・UX250h:9,116台
  49. トヨタ・ハイエースワゴン:8,677台
  50. マツダ・CX-3:7,617台

ランキングは上の通りとなります。

1位はやはりトヨタ新型ヤリスシリーズで15万台以上を売り上げる結果となり、2位のライズに対して2.5万台近くの差をつけることに。

ただこういった結果の中でも、ホンダの主力モデルとなる新型フィット4が4位の9.8万台を売り上げる大人気モデルにまで成長(あと2,000台で10万台だった!)。

そしてその次の5位には、かなり意外だったトヨタのフラッグシップミニバンとなるアルファードで、約9万台を売り上げる結果に。

昨今の諸事情による家族での大型移動用としてミニバン需要が大幅に伸びたとの報道もありましたが、まさかモデル末期でここまで大きく伸ばしてくるとは…全く予想もしていなかったというか、こういった特殊な時期だからこそあり得る結果だったのかもしれません。

☆★☆乗用車販売ランキング関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:一般社団法人日本自動車販売協会連合

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう