えっ、もう?フルモデルチェンジ版・スバル新型アウトバックが早くもマイナーチェンジ?リフトアップされた謎の開発車両の正体とは?

どうやら新グレードのワイルドネス・エディションらしい

北米市場では既に発売され、日本市場では2021年中頃以降に発売予定となっているスバルのフルモデルチェンジ版・新型アウトバック(Subaru New Outback)ですが、何とこのモデルの開発車両が早くも海外にてスパイショットされています。

フルモデルチェンジしたばかりで、2年も経たずにいきなりマイナーチェンジするの?と思いながら、開発車両をよ~く見てみると、フロントバンパーやサイドスカート、リヤバンパー、ルーフレールのパーツだけにカモフラージュラッピングが施され、更に足回りは純正よりも大幅にリフトアップされています。


オフロード色強めで中々に楽しそうな一台だ

コチラが実際にスパイショットされた新型アウトバックの開発車両。

北米市場向けとして販売されている従来モデルに比べると、フロントグリルパターンが異なり、メッシュ系で非常にスポーティながらも、リフトアップされているので更にオフロードっぽさが演出されていますね。

ちなみにこのモデル、どうやらワイルドネス・エディションと呼ばれる新グレードとのことで、トヨタRAV4で言えばAdventure(アドベンチャー)的なオフロード色強めのグレードなのだそう。

参考のため、こちらが北米市場向けにて販売されている新型アウトバックのエクステリア。

ホイールサイズは小さめ…オールテレーンホイール装着で走破性アップ?

改めて新型アウトバック・ワイルドネスエディションの開発車両を見ていきましょう。

サイドビューからだとこんな感じで、専用フロントサスペンションをインストールすることで大きくリフトアップされ、いかにもオフロードクロカンっぽい感じで走破性も高そう。

足もとのアルミホイールもブラックのシングル6スポークタイプで、恐らくタイヤもオールテレーンタイプに履き替えられるのではないか?との噂も(もしくはランドローバー新型ディフェンダーのようにオプションにて準備)。

新型アウトバック・ワイルドネス・エディションのリヤデザインや内装は?発売時期は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう