いやコレはさすがに…フルモデルチェンジ版・BMW新型7シリーズの開発車両をスパイショット!ヘッドライト位置が低く、韓国車のような雰囲気に?

BMWのデザインの方向性は未だ定まっていない?

先日、フルモデルチェンジ版・BMW新型7シリーズ(BMW New 7 Series)はこうなる?というレンダリングが公開され、旧世代の韓国車のような見た目でかなり否定的な意見が多かったですが、今回そのレンダリングをイメージさせるような、何とも衝撃的な開発車両がスパイショットされています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

以前目撃されたマイナーチェンジ版・新型X7の開発車両も同様ですが、もしかするとフロントヘッドライトは従来よりも低い位置且つ水平基調となり、その上部には三菱のようなLEDデイタイムランニングライトが装備されるような、奇を衒うデザインになるかもしれません。

▽▼▽関連記事▽▼▽


これがフルモデルチェンジ版・新型7シリーズ?

こちらが実際にスパイショットされた新型7シリーズの開発車両。

ボディ全体には分厚めのカモフラージュラッピングが施されていますが、最も注目すべきは大幅グレードダウンしたかのようなフロントヘッドライト。

カモフラージュ具合によってイメージも大きく変化していますが、スクエア型でBMW特有のU字に近いLEDデイタイムランニングライトは搭載されず、しかもヘッドライトはハロゲン仕様。

テスト場所が豪雪地帯ということもあり、敢えて(偽装用として)ハロゲンライトを採用している可能性もありますが、流石にフラッグシップセダンの量産モデルでハロゲンを使用する可能性は低いでしょうし、ここまで大幅なデザイン変更を施すとも考えにくいところ。

更に別の角度から見ていくと、フロントエンドにはBMWのアイデンティティともいえるキドニーグリルが採用されていますが、現行モデル以上に大口化するのか、それとも8シリーズのようにワイド化するのかはわからないものの、新型iXのように巨大縦長仕様に変更することだけは避けてほしいところ。

▽▼▽関連記事▽▼▽

恐らく法人向け顧客やVIP送迎などを目的に新型7シリーズを購入するユーザーも多いと思われますし、そういったモデルになると威圧感や高級感は絶対的な要素として含まれるでしょうから、それとは異なる要素を取り入れるのはちょっと違うように思うんですね。

少なくとも、前回公開されたイメージレンダリングのような見た目は避けてほしいところですし、BMWもどういったコンセプトで次期7シリーズを開発するのか、どういった国々ユーザーを対象に販売していきたいのかを改めて示してほしいところ。

新型7シリーズのサイド・リヤビューはどうなる?パワートレインや発売時期は?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう