フルモデルチェンジ版・ホンダ新型フィット4のグリル有り&タイプR風がカッコいい!日本でもいつかマイナーチェンジ版で発売してほしい

新型ライフ(日本名:フィット4)の魅力的なボディカラーをチェックしていこう

続いては東風ホンダ新型ライフのボディカラーをチェックしていきましょう。

新型ライフのボディカラーを見ていくと、日本市場向けの新型フィット4クロスター同様にサーフブルーを準備。

こうして見るとエアロパーツを装着しているようにも見えますが、これで純正というのも驚き。

シビック・タイプRと同じラリーレッドも設置!

こちらはSPORTグレード専用カラーのラリーレッド。

シビック・タイプR(Civic Type R)にも使用されるスポーティカラーで、なぜ貴重なラリーレッドを日本でも採用しなかったのかは不明。

フロントスポイラーのディテールにレッドのアクセントが追加され、ブラックとの組み合わせもグッド。

こちらはシンプル且つスポーティなブルー。

どうやらボディカラーによってスポイラーのディテールアクセントが変化するようですね。

フォグランプ周りの”C”型ブレードも立体感があってカッコいい仕上がりに。


中国ユーザーの好みにマッチした個性的なボディカラー、先代フィット3のオレンジも

これまた個性的なパープル系なんだけどカラー名称はボルドーレッド。

中国ユーザーが好みそうな色合いだと思います。

こちらは先代フィット3でも採用されていたサンセットオレンジ系だと思いますが、2021年6月4日に発売される日本市場向けの一部改良・新型フィット4でも、スポーティグレードNESSの2トーンカラーに、ライムグリーン→オレンジへと変更されますが、モノトーンとして採用されないのは残念です。

定番カラーから激渋カラーも

そしてこちらクリスタルホワイト。

ロアスポイラーはホワイトのディテールアクセントに変更されていますが、どうやらレッドに変更することも可能とのこと。

最後はブロンズ系。

ダウンサイザー向けの高級感のあるボディカラーですが、中国市場でも人気あるカラーのようです。

☆★☆東風ホンダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう