ビッグマイナーチェンジ版・レクサス新型IS300 F SPORT Mode Blackの納車半年後インプレッション!気になるドライブフィールや質感なども

気が付けば私の新型レクサスISも納車されて半年近くが経過していた

さてさて、2020年12月に私に納車されたレクサスのビッグマイナーチェンジ版・新型IS300 F SPORT Mode Black(FR)ですが、そろそろ納車後半年を迎えるということで、雑感レベルではありますが、ドライブフィールや質感、実燃費、見た目などをまとめてインプレッションしていきたいと思います。

総じて満足度は高いものの、やはり細かいところを見ていくと不満に思う部分やちょっと気になるポイントもいくつか確認できているので、そういったところも情報シェアできたらと思います。
※あくまでもオーナー目線で感じた主観的な意見が多く、「いや、それは違うだろ…」と思う部分んも多いかもしれないので、温かく見守って頂けたらと思います。


新型IS300 F SPORT Mode Blackのドライブフィール

まずは新型IS300 F SPORT Mode Blackのドライブフィールからチェックしていきましょう。

新型ISは基本的に30系の後期仕様になるため、FRプラットフォームの流用になるわけですが、それでも改良に改良を重ねることで剛性が向上し、足回りも熟成と改良を重ねてハブボルト固定にすることで締結力と安定性、そして軽量化が向上して軽やかな走りに進化していることは確か。

その結果、乗れば乗るほどに「愛着と新型ISの良さがにじみ出てくる」ので、この点はやはり乗ってみないとわからないポイントが多いです。

特にIS300ならではともいえる、排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンは、他の2リッターターボモデルに比べると重々しさが無く、アクセルを踏み込んだ時のガツンとくる加速は爽快で、ターボエンジンならではのトルクフルな走りが堪能できるのはグッド。

但し2リッターターボで感じる不満点も

おまけにロングノーズな4ドアセダンとは思えぬほどのコンパクトさと、FRスポーツセダンならではともいえる正確無比なステアリングフィール、そしてF SPORT特有のカタメのブレーキフィールによりデリケートな操作ができる辺り、満足度が高いだけでなく快感も得られるのは良きところ。

ただその一方で、一気にアクセルを踏み込んでも、レスポンス良くすぐに加速するのではなく、ほんの一瞬のターボラグがあるのはちょっと残念なところかなぁ…と思い、この点はメルセデスCクラスやBMW新型3シリーズのような2リッターターボとは追いついていないポイントだと思います。

新型IS300 F SPORT Mode Blackの乗り心地について

そして新型IS300 F SPORT Mode Blackの乗り心地についてですが、これは自分が納車前に予想していた乗り心地とは大きく異なるもので、特に19インチ鍛造アルミホイールとブリヂストン製ポテンザの組み合わせはハードなスポーティセダンという印象を持っていました。

しかしながら、実際に納車されてから何度か乗ってみたところポテンザ特有の”コツコツ”としたカタい乗り心地ではなく、どちらかというとマイルド寄りのカタメといった印象で、肉厚のF SPORT本革シートも手伝ってなのか、とても快適に過ごせているのが現状です。

あとは20系ISにて見られたナーバスなハンドリングは大きく改善され、安心して運転できるというのも予想だにしなかったところだと思います。

運転席と助手席で感じるポイントも異なり、助手席だとちょっとマイナス目に思うことも

但し、これはあくまでも運転席に座って自身が操作した場合での乗り心地であって、いざ助手席に座って他人に運転してもらったりすると、走り出して5分経たずして車酔いになってしまうという問題も(これは私が車酔いし易い体質のため)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そう考えると、自身が運転しているときと助手席に乗っている時の集中力と体に伝わる振動やインプレも大きく変化してくるため、「案外自分の感覚って信用ならないんだなぁ」と思うのが正直なところです。

新型ISの質感やデザインなどは?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう