フルモデルチェンジ版・日産の新型ノートe-POWERに早くもリコール2連発!ドライブシャフトが抜けて走行不能となる恐れアリなど…

再起を図る日産としては完全に出鼻をくじかれたリコール

2020年12月23日に発売されたばかりとなる、日産のフルモデルチェンジ版・新型ノートe-POWER(Nissan New Note)1車種・計11,317台に早くもリコール!

不具合内容としては、ボディコントロールモジュールにおいて、制御プログラムが不適切なため、配光可変型走行用前照灯ONかつ霧灯ONの状態でライトスイッチをスモール位置に操作した場合に、配光可変型走行用前照灯と同時に点灯すべきすれ違い用前照灯が消灯し、保安基準第32条(前照灯の基準)を満足しないとしてリコールを届け出ています。


対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。

これによる事故や不具合は発生しておらず、工場の情報により明らかとなっています。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[ノート]
・6AA-E13/E13-000131~E13-021026/令和2年11月12日~令和3年2月15日/11,317台

改善措置としては、全車両、ボディコントロールモジュールの制御プログラムを改善プログラムに修正し、霧灯単独点灯モードを廃止し、また前照灯の作動条件に関する記載を修正した取扱説明書および簡単早わかりガイドの追補版を配布するリコール作業を実施するとのことです。

続いても新型ノートe-POWERの深刻度の高いリコール!気になる不具合内容や対象車種・台数などは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう