トヨタ・マークXのドライバーが「あおり運転を受けました」と動画投稿→トラックにあおり運転を仕掛けた動画だったとして炎上→トラックドライバーは警棒を持って威嚇したとして現行犯逮捕【動画有】

色々見ていくと「あおり運転を受けた」と主張するマークXのドライバーも、トラックドライバーも結構ヤバかった

日時は不明ですが、YouTubeのサイトゥーチャンネルにて投稿された動画タイトルが「【超悪質】あおり運転を受けました。 トラック ドラレコ・煽り運転・危険運転」というものなのですが、その動画の中身があまりにも酷すぎると話題に。

動画タイトルだけを見ると、動画を投稿したトヨタ・マークX(Toyota Mark X)のドライバーが「あおり運転被害を受けたのか…」と思うところなのですが、実際動画を見てみると、そもそものあおり運転を仕掛けてきたのは、動画投稿者だったというもの。

確かに動画の最後では、あおり運転を仕掛けられた側(トラックドライバー)が逆上し、仕掛けた側を強制的に公道上にて停車させ、とんでもない”モノ”で脅すシーンまで公開されていますが、そもそもマークXのドライバーが危険なあおり運転をしなければ、このようなことにはならなかったのかもしれません。

一体どのようなあおり運転だったのか?早速チェックしていきましょう。


動画投稿者は「あおり運転を受ける」前から、危険な運転を繰り返していた

こちらが今回、YouTubeにて投稿された「あおり運転を受けました」と云われるシーン。

マークXのドライバー(投稿主)は、トラックを追従するような形で走行し続けますが、この後の交差点のど真ん中辺りで危険な行為に。

本来であれば交差点を通過しているときに車線変更は禁止なのですが、マークXのドライバーは左側へと変更し、一気に左側車線からトラックを追い抜こうとします。

おそらくマークXのドライバーは、左車線からトラックを追い抜こうと考えたのだと考えられますが、トラックもある程度車間距離を空けて走行しないと、急停車のときに対応できないため、上の画像の様に車間距離を空けて運転しないといけないんですね。

おそらくマークXのドライバーは、その車間距離の空け方に納得いかなかったのだと思われ、かなりイライラした走りを見せてしまうことに。

結局マークXのドライバーは、左車線から追い抜くことができずに右側車線へと変更し、トラックの後続へ。

このあとトラックがブレーキをかけ、これに腹を立ててしまったのか、マークXのドライバーは執拗にクラクションを鳴らします。

執拗にクラクションを鳴らすあおり運転をしていたのは動画投稿者

あまりにもしつこくクラクションを鳴らすため、さすがにトラックのドライバーもキレてしまったのか、蛇行運転や急停車、そしてバックを行い、何と公道上にて強制的に停車させて降りてきました。

このあとトラックドライバーから罵声が飛んでくるわけですが、それを狙ったかの如くマークXのドライバーはひたすらに謝るばかり。

執拗にクラクションを鳴らさなければ、このようなことにはならなかったと思うのですが、実はこれだけでは終わらなかったんですね。

【【超悪質】あおり運転を受けました。 トラック ドラレコ・煽り運転・危険運転】

そして以下の動画が、「あおり運転を受けた」という経緯説明。

【【超悪質】あおり運転を受けました。 トラック ドラレコ・煽り運転・危険運転】

トラックから降りてきたドライバーの手には凶器らしきものが…気になる続きは以下の次のページにてチェック!