フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザー300の横転事故は本当だった!しかもモデリスタ仕様…一方で中東のカーショップでは早くも転売か?【動画有】

これは一体…早くも中東では複数の新型ランドクルーザー300gが販売されているようだ

続いては中東のカーショップ・エミレーツシンボルモーターカンパニーにて、新型ランドクルーザー300が早くも転売?

現時点で具体的な情報は明らかになっておらず、こういった流れを見ると、おそらく中東の顧客には日本のように誓約書の取り交わしは無かったと見られ、投機目的にて購入するオーナーも多いのではないかと予想されます。

ちなみに今回販売されている個体は、排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載するGX-Rで、概ね必要なメーカーオプションはフル装備となっているそうです。


中東は水平基調のLEDデイライトが好み?

こちらも先ほどと同様にGX-Rグレードで、ボディカラーは非常に需要の高いホワイト系となっています。

そして個人的に驚いているのは燃料タンク。

日本市場向けのように80Lの燃料タンクではなく、何と中東市場向けは110Lと大容量。

恐らくは走行時のパフォーマンスというよりも、砂漠で走らせるなどの高いオフロードパフォーマンスを必要とする場面が多数あるからだと考えていて、そうなると燃料消費も激しいことから、+30L多い110Lに設定しているのではないかと推測しています。

もちろん、このほかにもTNGA-Fプラットフォームを採用することで、先代に比べて200kgも軽量化に成功しているため、軽量分を上手く活用した容量アップなのでは?とも推測しています。

こちらはブラックもしくはグレー系ですが、ボディカラーはホワイトパール&内装ベージュと表記されているのは謎。

そして最後はホワイト系の新型ランクル300。

こうして見ると、意外とLEDデイライトが水平基調のものが圧倒的に多く、日本市場向けのようにL字型デイライト+三眼LEDヘッドライトに敢えて固定せず、ユーザーの好みに合わせて展開しているのはトヨタ商法の上手い所だと思います。

フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ランドクルーザー300に関する最新情報、これまでの詳細情報はコチラにてまとめています。

☆★☆新型ランドクルーザー300関連記事5選はコチラ!☆★☆