高齢ドライバーの車両が対向車と衝突し横転。なおSNSでは例の如く「またトヨタ・プリウスか…」のコメント続出。更に横浜市で5歳女児がレンタカーに轢かれて死亡【動画有】

旅行先でまさか女児をはねて死なせてしまうとは…

続いては2021年9月26日の午後0時半ごろ、神奈川県横浜市中区の路上にて、5歳の女児が青い乗用車に轢かれて死亡するという悲しい事故が発生しました。

乗用車を運転していたのは仕立拓海 容疑者(21)で、どうやらレンタカー(トヨタ新型ヤリスと思われる)で横浜を観光していたところ、路上にて女児を跳ねてしまったとのこと。

なお仕立拓海 容疑者は、「自分の不注意でひいてしまった」と当時の事故を認めていて、警察は過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕したものの、その後過失運転致死に切り替えて事故の原因を調べるとのこと。


容疑者は自分の非を認めているものの、女児側は行動内容は全く報道されていない

ただ、今回の事故で最も気になるのは、「どういったことが原因で女児をはねてしまったのか?」ということ。

仕立拓海 容疑者は、「自分の不注意でひいてしまった」と説明していますが、同容疑者が前方を全く確認せずに、路上を横断する女児を轢いてしまったのか、それとも咄嗟に女児が路上に飛び出してきたのか、そのときに女児の両親は何をしていたのか?

ドライブレコーダーの映像は残っているのか?

[昼間]歩行者にも対応した自動緊急ブレーキが搭載されているはずのトヨタ新型ヤリスですが、その安全装備が作動しなかったのか?など、気になるポイントは様々。

これらの点も含め、警察は詳しい調査を進めるものと予想されますが、今回の事故で「21歳のドライバーが女児を轢いて死なす」だけで報道しっ放しの状態にするのではなく、肝心の「その後」を報道するところがメディア・マスコミの本当の価値が生み出されるところなのではないかと思います。

【5歳女児が乗用車にはねられ死亡 横浜(2021年9月26日)】

☆★☆事故関連記事5選はコチラ!☆★☆