2022年のホンダはアツい!「新型フィット4初のマイナーチェンジでRS追加」「新型ヴェゼルにはモデューロ追加」「N-WGNも初のMC」「フリード特別仕様車」…N-BOXフルモデルチェンジは?

2022年は続々と既存モデルの生産終了がある一方、マイナーチェンジで更に魅力的なモデルも

さてさて、前回のブログではホンダのフルモデルチェンジ版・新型ステップワゴン(Honda New STEPWGN)に関する新情報に加え、2022年にはCR-V/インサイト(Insignt)/シャトル(Shuttle)が生産・販売終了、そして2022年夏頃に新型シビックe:HEV/同年秋頃には新型シビックタイプR(New Civic Type R)が登場予定であることをお伝えしました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そして今回は、2022年に登場する既存車種のマイナーチェンジや特別仕様車、N-BOXのフルモデルチェンジ有無、そして2023年にデビュー予定の”あのモデル”についても触れていきたいと思います。

何れの情報も、いつもお世話になっているホンダディーラーさんがメーカーと交えての勉強会にて入手した情報ですので、是非とも参考にしていただけましたら幸いです。


新型フィット4が初のマイナーチェンジ!内外装デザインを一部変更し、新グレード追加!

まずはホンダの主要モデルともいえるコンパクトハッチバックの新型フィット4(New FIT4)ですが、遂にこのモデルが2022年に初のマイナーチェンジを迎えることとなります。

エクステリアデザインについては、現行フィット4同様にグリルレスバンパーを継続するものの、フロントノーズからグリルレスバンパーにかけて絶壁状態になっているのを、今回のマイナーチェンジで滑らかな傾斜に変更し、伸びやかなボディラインを表現するそうです。

またこれに合わせて、クロスオーバー仕様のCROSSTARに関してもデザイン変更が施され、より洗練されたデザインとなるそうですが、現時点では具体的な変更内容については明らかになっていません。

遂にRSグレード追加で、6速MTも準備!

またその一方で、今回のマイナーチェンジに合わせてスポーツグレードのRSも追加されることが決定し、ガソリンモデルとハイブリッドe:HEVの2種類がラインナップされますが、何とガソリンモデルには6速MTも追加設定されます。

先代フィット3 RSを引き継ぐ楽しそうな一台になると思いますが、流石にフィット3ハイブリッドRSにも6速MTの設定は無さそうです。

N-WGNもフルモデルチェンジ後としては初のマイナーチェンジ!

続いて2019年7月にフルモデルチェンジ版として新しく発売された新型N-WGN/N-WGN Customですが、遂にこのモデルも2022年に初のマイナーチェンジ。

ノーマル/カスタム共にフロントマスクを一部変更し、内装の質感も向上させるとのことですが、こちらもあくまでもマイナーチェンジするという情報だけで、具体的にどういった変更が施されるのか、ボディカラーやグレード構成に変更はあるのか?などは明らかになっていません。

こちらも最新情報が入り次第、すぐに展開できればと思います。

新型ヴェゼルのモデューロ追加?!フリードやN-BOXのフルモデルチェンジは?気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!