これはカッコいい!(中)ホンダ新型エリシオンが2021年12月末に発売スタート予定!新型オデッセイの姉妹車種ながらもブラックメッキ採用で非オラオラ顔に

新型オデッセイの姉妹車種で、更にエリシオンの名を受け継ぐフラッグシップミニバンへと進化

さてさて、2021年度で国内市場向けの生産終了が決定しているホンダのビッグマイナーチェンジ版・新型オデッセイ(Honda New Odyssey)ですが、北米や中国市場ではまだまだ生産・販売が継続されることも明らかになっています。

そして2021年12月末頃、中国の東風本田が新型オデッセイの姉妹車種となる新型エリシオン(New ELYSION)を発表・発売することが決定し、公式画像も公開しています。

新型オデッセイだと、フロントグリルがメッキ加飾に仕上げられ、いわゆる「オラオラ顔」のフラッグシップミニバンになりますが、新型エリシオンは少し方向性が異なり、メッキ加飾をクロームブラックに変更することで、スポーティな顔つきに仕上げられています。

早速新型エリシオンのエクステリアデザインをチェックしていきましょう。


更に厳つくスポーティな新型エリシオンを見ていこう

こちらが今回、東風本田より発売される新型エリシオンのエクステリアデザイン。

デザインベースは確かに新型オデッセイなのですが、フロントグリルがメッキ加飾からブラックアクセントに変更されることで、オラオラ顔からスポーティなミニバンへとアップデート。

ブラックのボディカラーも影響してなのか、全体的に引き締まった顔つきに仕上げられていますし、スポーティなモデルを求めるユーザーにはおススメの一台かもしれません。

ちなみに新型エリシオンのフロントグリルは、水平基調をベースとしながらも全く新しいデザイン言語となるマトリックスエアインテークグリルを採用し、更にクロームメッキ仕上げにすることで高級感をアップ。

フロントヘッドライトデザインは新型オデッセイと共通で、LEDヘッドライト&LEDデイタイムランニングライト&LEDウィンカーが標準装備となります(LEDウィンカーは流れるタイプのシーケンシャルを採用)。

サイドビューは伸びやかなロングボディスタイルで、ミニバンというよりもステーションワゴンに近い印象でしょうか。

足もとのアルミホイールも大口径の18インチマルチスポークホイールを標準装備し、力強さと豪華さを上手く両立したホイールデザインに仕上げられています。

リヤエンドは少し見づらいですが、こちらも新型オデッセイと共通で、リヤウィンカーも流れるタイプのシーケンシャルを採用。

そしてリヤテールゲート部分には、”Odyssey”ではなく”ELYSION”のネームバッジが貼付されます。

インテリアは新型オデッセイと共通

内装も基本的には新型オデッセイと共通ですが、センターコンソールと独立したセントラルコントロールスクリーンが採用されたことで操作性を大幅に向上しているとのこと。

シート表皮は本革タイプとのことですが、シートカラーもダークローズ系?を選択できるのは嬉しいポイントですね(日本市場向けの新型オデッセイはダークローズ系を選択できない)。

気になる新型エリシオンのパワートレインですが、排気量2.0L 直列4気筒エンジン+電気モーターを組み合わせた第3世代i-MMDハイブリッドシステムを採用するため、ハイブリッド名称はe:HEVではありません。

システム総出力は215hpを発揮、トランスミッションはCVTのみをラインナップ。

具体的なグレード別価格帯などは明らかになっていませんが、2021年12月末には詳細が明らかになる予定です。

☆★☆ホンダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Autohome