(2023年)フルモデルチェンジ版・レクサス新型NX初の一部改良生産は2023年3月1日よりスタート予定!更に一部改良版・新型ISでは新たな特別仕様車も

納車待ち組も不安に思う一方で、販売店側も度重なる対応に追われていることは確か

2021年10月7日に発表/同年11月に発売されたレクサスのフルモデルチェンジ版・新型NXですが、前回のブログでもお伝えの通り、予想以上の売れ行き&半導体の供給不足&昨今の諸事情による部品供給不足で大幅な納期遅れが生じています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

2021年8月19日の先行予約組でも、2022年3月時点で未だ納車されていない方が非常に多く、レクサス公式ホームページにもある「納期1年以上」では収まらないレベルの長納期状態になる恐れがあります。

しかも、納期1年以上が確定したために2022年2月時点でハイブリッドモデルNX350h/NX450h+と、ガソリンモデルNX250/NX350の全てが受注一旦停止となり、2023年3月の一部改良の情報まで明らかになっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽


納期2023年3月以降の方は、一部改良後のモデルが納車される可能性がある

そこで一つ気になるのが、受注一旦停止前に既に購入・契約していて、納期1年以上(2023年3月以降)の方のモデルはどうなるのか?ということですが、いつもお世話になっているレクサスディーラーの情報によると、どうやら「一部改良後のモデルが納車される予定」とのこと。

っというのも、2023年3月1日に一部改良版の新型NXがラインオフとなるため、このあたりは流動的になってしまう可能性があるそうです(あくまでも2022年3月時点での話なので、今後変更される可能性もあるのでご参考までに)。

そうなると、2023年3月以降に納車予定の方が一部改良後のモデルになるため、グレードによっては価格帯やオプション内容も変更されるため、再度契約が必要になるわけですが、この辺りはおそらくはレクサスディーラーからも順次連絡が入るかと思われます。

参考までに、一部改良版・新型NXの変更・改良内容は以下の通り。

【(2023年)一部改良版・新型NXの変更・改良内容】

◇前後方録画機能付きデジタルインナーミラーがメーカーオプション設定

◇20インチランフラットタイヤがメーカーオプション設定

◇シートヒーター/ステアリングヒーターがベースグレードでもメーカーオプション設定可

◇後席6:4分割可倒式シート(電動格納機能付き)がNX450h+でも標準装備

◇別体型CD/DVDプレーヤー廃止

◇HDMI端子のディーラーオプションを検討(確定ではない)

別体型CD/DVDプレーヤーの廃止が一番ネックかもしれない

個人的には別体型CD/DVDプレーヤーが廃止となるのが残念で、このオプションを選択している人の納期が2023年3月以降となってしまう場合、「別体型CD/DVDプレーヤー」を外した状態での納車となる恐れがあるため、この辺りは(無理も承知で)トヨタ/レクサス側も例外として対応してほしいところではあります。

2023年モデルの今後のスケジュールは?

なお一部改良版の価格情報については、今のところ2022年夏頃にレクサスディーラーに配信予定で、そのタイミングで見積もり作成も可能とのことですが、更に新規顧客からの新型NXのオーダーも増える可能性もありますし、納期もまだまだ延びることも考えられそう。

引き続き新型NXについては、新たな情報が入り次第展開していく予定ですが、春以降は定期的にインプレッションできればと思います。

新型NX納車組はOTAでのディスプレイオーディオアップデートが可能に

あと参考までに、2022年3月7日に新型NXが納車されている方を対象に、ディスプレイオーディオのOTAアップデートが可能になっています。

具体的なアップデート内容は以下の通りですが、ディスプレイオーディオ上に「アップデート内容・詳細」が記載されないのが非常に残念なところです。

◇イルミネーション(アンビエントライト)カラーの表示設定変更

◇DVDの動作バグの修正

◇ハンズフリー音声の改良・新設定

◇ナビ案内中の音声割り込みのボリューム設定

◇音声案内の改善

ビッグマイナーチェンジ版・新型ISも2回目の一部改良で特別仕様車が新しくなる?気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!