(2023年)マイナーチェンジ版・トヨタ新型カローラシリーズの最新情報!上位グレードは新型ハリアー同様に12.3インチフルデジタルメーターを採用へ

ハイブリッドシステムも新型ノア/ヴォクシーと同じ第5世代を採用へ

2022年10月に発表・発売予定となっているマイナーチェンジ版・トヨタ新型カローラシリーズ(Toyota New Corolla)。

CセグメントSUVの新型カローラクロス(New Corolla Cross)を除く、カローラセダン/カローラツーリング/カローラスポーツが、パワートレインや内外装の大幅改良が施される予定で、商品力も想像以上に大幅アップする予定です。

前回のブログでは、排気量1.8L 直列4気筒自然吸気エンジン/排気量1.2L 直列4気筒ターボエンジンが廃止となり、新型ヤリス(New Yaris)/新型ヤリスクロス(New Yaris Cross)/新型アクア(New Aqua)に設定される排気量1.5L 直列3気筒ダイナミックフォースエンジンへと置き換えられることをお伝えしました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そして今回、いつもお世話になっているトヨタディーラーにて、新型カローラシリーズに関する新たな情報が展開されたため、早速取材させていただくことに。

既出の情報もあるとは思いますが、おさらいも兼ねてチェックしていただけますと幸いです。
※カローラスポーツに関する具体的な記載はなく、あくまでもカローラセダン/カローラツーリングメイン


新型カローラシリーズのパワートレインはこうなっている

まずはマイナーチェンジ版・新型カローラシリーズのパワートレインからチェックしていきましょう。

おそらく今回の変更・改良のなかでも最も目玉ともいえる内容ではないかと思いますが、まずはガソリンモデルとして採用されている排気量1.8L 直列4気筒自然吸気エンジンが廃止となり、その代わりとしてダウンサイジング化した排気量1.5L 直列3気筒ダイナミックフォースエンジンを搭載する予定です。

ただその一方で、ハイブリッドモデル用の排気量1.8L 直列4気筒自然吸気エンジンはそのままに、第4世代のハイブリッドシステムから、フルモデルチェンジ版・新型ノア(New Noah)/ヴォクシー(New Voxy)に採用されている第5世代ハイブリッドシステムが採用されます。

まさかマイナーチェンジ版の新型カローラシリーズで新世代ハイブリッドシステムを採用してくるとは予想もしていませんでしたが、2022年12月に発表されるであろうフルモデルチェンジ版・新型プリウス(New Prius)でも設定されるのではないかと予想されます。

新型カローラシリーズのエクステリアをチェックしていこう

続いてはエクステリアの変更ポイントをチェックしていきましょう。

今回変更されるポイントは、フロントグリルパターンやヘッドライト意匠、リヤテールランプ意匠、そしてリヤロアバンパーとなりますが、リヤロアバンパーデザインはツーリング系に限定されるようです。

ヘッドライト意匠は新型GRカローラがベースになる?

なおヘッドライト意匠に関しては、あくまでも個人的な予想ではありますが、もしかすると2022年末にも日本国内にて発表・発売予定となっている新型GRカローラ(New GR Corolla)のヘッドライト意匠がベースになるのでは?とも推測しています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

グレード構成も一部変更へ

続いてグレード構成をチェックしていきましょう。

前回のブログでもお伝えの通り、以下の特別仕様車が全て廃止となる一方で、グレード構成も一部見直しになります。

【2022年で廃止となるカローラシリーズの特別仕様車一覧】

◇特別仕様車HYBRID W×B“50 Million Edition”

◇特別仕様車(HYBRID)G-X “PLUS”

◇特別仕様車G-X “PLUS”

◇特別仕様車HYBRID G“Style 50 Million Edition”

以下が、新旧カローラシリーズのグレード構成一覧となります。

【新旧カローラシリーズのグレード構成一覧】

[旧グレード構成]

◇上位グレード(HYBRID)W×B

◇中間グレード(HYBRID)S

◇エントリーグレード(HYBRID)G-X


[新グレード構成]

◇上位グレード(HYBRID)W×B

[NEW]中間グレード(HYBRID)G

[NEW]エントリーグレード(HYBRID)X

新型カローラシリーズのメーターも遂に12.3インチを採用?!気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!