ビッグマイナーチェンジ版・日産の新型フェアレディZ(RZ34)の購入を検討してみる。「バーガンディ×ベースグレードが想像以上の人気」「NISMO?と噂された”アノ”モデルの正体も」

新型フェアレディZは発表直後から既にオーダーが集中している模様

2022年4月25日に発表され、同年夏頃に発売予定となっている日産のビッグマイナーチェンジ版・新型フェアレディZ(Nissan New Farilady Z, RZ34)ですが、私も購入を検討している一台で、既に見積もりも複数グレード取得済み。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型フェアレディZの価格帯は524.2万円~696.6万円と高価格帯ではありますが、今後二度と販売されないかもしれない排気量3.0L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力405ps/最大トルク475Nmを発揮するノンハイブリッドピュアスポーツカーです。

このモデルを待ちわびた方も非常に多いとのことで、いつもお世話になっている日産ディーラーでは既に10件近くの先行予約(購入・契約)が入っており、納期も「正式な発売時期が2022年夏と曖昧のため未定」とのこと。


バーガンディ×ベースグレードの人気が高い

そしてちょっと気になったのが、新型フェアレディZでどのようなグレードとボディカラーが人気なのか?ということですが、いつもお世話になっている複数の日産ディーラーに取材させていただいたところ、「4月25日の発表直後からバーガンディ×ベースグレードの注目度が高く、既にオーダーされている方も多い」とのこと。

バーガンディは、新型ノートシリーズ(New Note)や新型アリア(New Ariya)にも採用されているアズキカラーで、280Zを彷彿とさせるレトロ感もあって非常にオシャレ。

そしてこのボディカラーに合わせて人気グレードなのがベースグレード。

初代を彷彿とさせるレタリングバッジがフェアレディZファンの心を掴んでいる模様

その理由が、価格帯が最も安価というのもありますが、こちらのトランク部分に設けられた斜め付けの”Farilady Z”レタリングバッジ。

ダットサン時代の初代240Z/S30を彷彿とさせるレトロデザインが想像以上の人気で、レトロ風なボディカラーとの組み合わせをオーダーするユーザーが増えているそうです。

その他の人気グレードとしては、やはり6速MTを設定するversion S/version STで、ボディカラーは1色に集中するわけではなく、ホワイト/ブラック/ブルー/グレーなど様々。

そして6速MTと9速ATの割合としては、7:3で6速MTの方が多いとのことですが、もしかすると日産の公式プレスリリースでも統計データを公開することも考えられるかもしれませんね。

どのグレード&ボディカラーを検討する?

発表前後から既に多くの先行予約が入っている新型フェアレディZですが、私も本格的に検討を進めていて、購入するのであればやはり上位グレードversion ST。

やはりBOSEサラウンドスピーカーやシートヒーター、電動パワーシートなどが全て標準装備されているversion STが理想的ですし、価格は結構張りますが所有満足度は間違いなく高いと思うんですね。

ボディカラーは湾岸ミッドナイトに登場する「悪魔のZ」を彷彿とさせるセイランブルー×スーパーブラックルーフが候補ではあるものの、ここにきてプリズムホワイト×スーパーブラックやダークメタルグレーも悩ましいところ。

ちなみに新型フェアレディZは、前回のブログでもお伝えの通り、部品供給不足や半導体の供給不足で発売が遅れるだけでなく、生産数自体もかなり限られる可能性が高いとのことで、そうなると発売直後には納期も1年以上が当たり前になるかもしれません。

過去に岡山国際サーキットに突如登場したNISMO?と思わしき開発車両の正体が判明!気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!