フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ステップワゴンが遂に出荷・ヤードに到着!2022年5月26日の発表・発売に向けて展示・試乗準備など忙しくなりそうだ

実は新型ステップワゴンのティーザーサイトが初めて公開されてから5か月以上が経過している

いよいよ2022年5月26日に発表・発売予定となっているホンダのフルモデルチェンジ版・新型ステップワゴン(Honda New STEPWGN)。

2021年12月に先行ティーザー画像並びにティーザーサイトがオープンしてから5か月以上が経過しましたが、ようやく発表・発売まであと少しとなりました。

私も既にe:HEV SPADA PREMIUM LINE(2WD)を購入・契約済で、2022年夏頃の納車に向けて着々と準備が進められている状態です。

▽▼▽関連記事▽▼▽

既に納車されているトヨタ新型ヴォクシー(Toyota New Voxy)ハイブリッドS-Z(2WD)との比較のため、同じハイブリッドモデルで(厳密にパワートレインは異なりますが…)、ほぼ同じ装備内容にまとめた結果、総額としては概ね同じではあるものの、実際に運転してみての操作性や安全装備の精度、後席に乗ってみての快適性など、独自インプレッションはもちろんですが、しっかりと比較もできればと思います。


2022年5月中旬頃より、各エリアにも試乗車・展示車がヤードに入っている模様

そんな期待値の高い新型ステップワゴンですが、ようやく各エリアのヤードに向けて出荷されており、私のエリアでも何台か到着済み。

そのほとんどが売れ筋グレードとなるe:HEV SPADA(2WD)になるわけですが、最上位グレードSPADA PREMIUM LINE/e:HEV SPADA PREMIUM LINEになると、インプットオーダーの時に注文できるディーラーが限られるそうです。

おそらくステップワゴンが多く売れているディーラーもしくは、ホンダのラインナップモデルが最も売れているディーラーを優先にしていくのではないか?とも予想されますが、この辺りの詳細は不明。

なお参考までに、2022年7月下旬に発表・発売予定となっているフルモデルチェンジ版・新型シビックタイプR(Honda New Civic Type R, FL1型)は、同年5月18日~19日にかけて試乗車・展示車枠分のインプットオーダーが開始していて、これらの枠をユーザー枠に変更することは不可能となっていますし、生産できる枠もかなり限られているとのことなので、各都道府県にてこれまでシビックタイプRを多く販売してきたディーラーを優先して試乗車・展示車が割り当てられるとの情報も入っています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型ステップワゴンの試乗車・展示車の手配が難しいディーラーも?理由は?気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!