フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ヴォクシー・ハイブリッドの実燃費は優秀!何とWLTCモード平均燃費超え…ところで「WLTCモード燃費」って何?

新世代ハイブリッドによる効果なのか、新型ヴォクシーの実燃費はかなり優秀

2022年3月に私に納車されて2か月が経過したトヨタのフルモデルチェンジ版・新型ヴォクシー(Toyota New Voxy)ハイブリッドS-Z(2WD)。

走行距離ももうすぐ2,000kmに到達する勢いで、遠出移動&家族旅行用として購入しましたが、普段乗りでも十分活用できる一台です。

過去これまで、新型ヴォクシーに関する高速道路燃費や無給油での走行距離検証などを実施してきましたが、今回は夏場に入る前の実燃費をチェックしていきたいと思います。

ハイブリッドモデルで、おまけにエアコンなどを殆ど使用せずに走行する機会も多いため、燃費性能も飛躍的に向上していますが、やはり走る時間帯や走行距離によってハイブリッドの特性の活かし方も大きく変化してきますし、特にこういった暑すぎず寒すぎずの時期だと、余計な消費を抑えて効率よく走れるのかもしれません。


新型ヴォクシー・ハイブリッドのカタログ燃費をおさらいしていこう

私の新型ヴォクシーの実燃費を公開する前に、同車のカタログ燃費をチェックしていきましょう。

◇WLTCモード平均燃費:23.0km/L

◇WLTC市街地モード燃費:22.2km/L

◇WLTC郊外モード燃費:25.0km/L

◇WLTC高速道路モード燃費:22.1km/L

全体的にミドルサイズミニバンとは思えない程の魅力的な数値だと思います。

ところでWLTCモード燃費って何?

ちなみにWLTCモード燃費とは、より実際の走行に近い燃費を表示できるように、以下の3つの走行モード毎の平均的な使用時間配分で構成した国際的なモードになり、平成29年夏以降に導入されています。

・市街地モード(WLTC-L):信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定。測定速度:平均速度(18.9km/h)・最高速度(56.5km/h)

・郊外モード (WLTC-M):信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定。測定速度:平均速度(39.5km/h)・最高速度(76.6km/h)

・高速道路モード(WLTC-H):高速道路等での走行を想定。測定速度:平均速度(56.7km/h)・最高速度(97/4km/h)

via:愛媛トヨタ

WLTCモード平均燃費以前に存在していたJC08モード平均燃費だと、リッター辺りの走行距離をいくつかの自動車の走行パターンから測定する燃費測定方法の一つとして取り入れていましたが、非現実的な数値も多く、より現実的で実際の普段使いを想定した形としてWLTCへと移り変わっています。

今回の新型ヴォクシーの実燃費は、WLTCモードを超えるほどに優秀であることも確認しています。

新型ヴォクシー・ハイブリッドの実燃費は、以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!