【価格は約8,850万円】スバル・インプレッサWRXのレストモッドモデルとなるプロドライブ新型P25の価格が判明!日本でも購入可能だが、より一層盗難に注意しないと…

2022-05-29

プレミア価値があるとはいえ、まさか日産スカイラインGT-R R34よりも高額になるとは…

以前より度々ご紹介しているイギリスのプロドライブが、スバル・インプレッサWRX(Subaru Impreza WRX)のレストモッドモデルとなる新型P25のティーザースケッチを2022年5月25日に公開し、更には具体的な仕様や販売台数、そして販売価格も明らかにしました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

海外カーメディアTop Gear(トップギア)とのインタビューにて明らかになった今回の詳細情報ですが、ベースとなるインプレッサWRX本体とレストモッドに掛かる費用などを考慮しても3,000万円~4,000万円ぐらいになる?と予想していたものの、まさか日産スカイラインGT-R R34 V-SpecⅡ Nurよりも高額になるとは…

一体どれほどの価格帯となり、どのようなスペックとなるのかチェックしていきましょう。


日本円での販売価格は約8,850万円に!

早速新型P25に関する詳細な情報をチェックしていきましょう。

日本でも世界限定400台のみ販売されたインプレッサ22B STiのオマージュでもある新型P25ですが、スバルの栄光を圧倒するほどのスペックと尖った走りを提供するために開発が進められ、そのレストモッドのためにかかる費用も大がかり。

なおプロドライブとのインタビューでは「この車の開発については、すでに12カ月以上も取り組んできた。エンジンやギアボックス(トランスミッション)、ドライブトレイン、サスペンションはすべて最新技術を駆使し、新型P25専用に開発された特注品である」とコメントし、販売台数についても”P25=WRCデビュー25周年”と絡めて世界限定25台のみ販売されることも明らかになっています。

イギリス市場だけでなく、日本でも購入可能!但し手付け金は4,000万円

ちなみにこのモデル、プロドライブの拠点であるイギリスのみでの販売なのかと思いきや、なんと日本でも購入可能とのことで、群馬県伊勢崎市を拠点とするアライモータースポーツ経由にて購入することが可能とのこと。

その代わり、手付け金として4,000万円が必要とのことですが(つまり販売価格の約半分を頭金として支払う)、ブガッティ・シロン(Bugatti Chiron)を購入する際の手付け金5,000万円に近い金額で、ハードルが高い上にプレミア価値もかなり高いことがわかります。

仮に日本にて納車されても、盗難にだけは気を付けてほしい

おそらくインプレッサ22B STiを求めるファンが購入されるのではないかと予想していますが、何よりも一番注意してほしいのが盗難被害。

2022年に入ってからも、マツダRX-7(FD3S)やスバル・インプレッサWRX、日産スカイラインGT-R R32/R33/R34(Nissan SKYLINE GT-R)といった、国産(JDM)スポーツカーの盗難が相次ぎ、窃盗集団のヤードにてバラバラに解体・分解され、海外へと不正に輸出されるケースが増えているため、日本にも納車されるかもしれない新型P25は、より一層注意してほしいところです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型P25のスペックはどうなる?やはりMTの設定は無し?気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!