フルモデルチェンジ版・トヨタ新型クラウンにはちょっと珍しい「アレが装備」される?アドバンスドドライブはメーカーオプションながらも、長納期化の可能性も

2022-06-25

引き続き、トヨタ新型クラウンに関する追加情報をチェックしていこう

新型クラウンにはシートバックテーブルが装備される模様

続いてトヨタ新型クラウンのちょっと珍しい装備?について。

2022年7月15日に発表予定の新型クラウンは、これまでに無い新たなボディスタイルに挑戦するとのことですが、一方で「クラウンらしい」ちょっとした豪華さを提供するためにシートバックテーブルを採用するとのこと。

シートバックテーブルが「豪華さ(ラグジュアリー)」とどのようにつながるかは疑問ではあるものの、トヨタのPR動画では「シートバックテーブルにスーツジャケットも引っかけることができる!」とアピールしていたのが印象的。

ただ、ホンダN-BOXや新型ステップワゴン(New STEPWGN)のように、シートバックテーブル+買い物フックという組み合わせではなく、この装備が全グレード標準装備なのか、それとも上位グレードHI Leather Package以上より標準化されるのかは不明です。


パドルシフトはRSグレードにしか設定されない

そしてこれは結構多くの方から問合せを頂いてた内容なのですが、新型クラウンではパドルシフトが装備されるのかどうか?ということ。

パドルシフトは装備されるものの、実はRSグレード以外では設定されないことが判明。

BASE/HI/HI Leather Packageではパドルシフトの設定は無しで、減速の際はフットブレーキ/プロアクティブドライビングアシスト[PDA]/”B”レンジシフト変化によるブレーキを利用する必要がありますね。

これらのブレーキングだけでも十分すぎる内容ですが、キビキビした走りや、メリハリのある走りでパドルシフトが必要と感じられる方はRSグレードを購入する必要があるようです。

新型クラウンに関する最新情報はコチラにてまとめています。

☆★☆新型クラウン関連記事4選はコチラ!☆★☆