(2023年)トヨタ新型ハリアーPHVが2022年9月26日に発表予定!スポーティなブラック×レッド内装に新世代12.3インチディスプレイオーディオを採用するも、かなりの長納期戦となりそうだ

ようやく新型ハリアーPHVの一部詳細が明らかになったが、発売前から長納期が心配だ…

2022年10月に一部改良版として新たに発表・発売を予定しているトヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)ですが、このモデルに関する情報が展開されてから、「プラグインハイブリッド(PHV)も発売される?」と噂されてきました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回、ようやくディーラーにも新型ハリアーPHVに関する情報が入ってきたとのことで、早速いつもお世話になっているトヨタディーラーにて取材させていただきました。

ちなみに私がお世話になっているトヨタディーラーでは、PHVモデルがまだ発表・発売もされていないにも関わらず、既に先行予約に向けての椅子取りゲームが始まっているそうで、ガソリン/ハイブリッドモデル同様に「発売前から納期1年以上」ということも考えられるかもしれません。


新型ハリアーPHVグレードは「Z」の一択のみ!

まずは新型ハリアーPHVのグレード構成ですが、基本的には上位グレードZ(E-Four)の一択のみ。

主要装備のベースとなるのは、本革シートや12.3インチディスプレイオーディオ×JBLプレミアムサウンドシステムを採用したZ”Leather Package”(E-Four)で、かなり豪華な装備内容にまとめられるそうです。

グレード構成や名称統一は、(2023年モデル)新型RAV4と共通に?

ちなみに新型ハリアーPHVがZグレード一択に集約される背景には、2022年10月に発表・発売予定の一部改良版・新型RAV4/RAV4 PHVと統一させるため。

この一部改良にて、RAV4 PHVのこれまでの全3グレード(BLACK TONE/G”Z”/G)が廃止となり、最上位グレードという形で「Z(E-Four)」に集約されることになっています。

そしてRAV4 PHVも、ガソリンモデル/ハイブリッドモデル同様に「RAV4」という名称に統一される予定なので、新型ハリアーPHVも「ハリアー」に統一されるのではないかと考えられます(以下ではハリアーPHVと記載していく)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

専用エクステリア満載でガソリン/ハイブリッドモデルと差別化

続いて新型ハリアーPHVのエクステリアについてチェックしていきましょう。

どうやらガソリン/ハイブリッドモデルと差別化を図るようで、具体的には以下の通り。

◇PHV専用19インチアルミホイール

◇PHV専用メッシュグリル(ブラックメタリック塗装)

◇フロント・リヤバンパー(ブラック塗装)

◇サイドスカート(ブラック塗装)

上の項目で気になるのは、やはりPHEV専用メッシュグリル。

現行ハリアーでは、水平基調のキーンルックグリルバーが採用されていますが、PHVモデルになるとスポーティなメッシュグリルに変更されるとのことで、もしかすると新型カローラクロス(New Corolla Cross)のようなドット柄、もしくはレクサスF SPORTのようなメッシュが採用されるかもしれませんね。

ボディカラーは全4色をラインナップ

続いては、新型ハリアーPHVのボディカラーをチェックしていきましょう。

ガソリン/ハイブリッドでは全7色をラインナップしていますが、PHVでは全4色をラインナップ予定。

◇プラチナホワイトパール

◇プレシャスブラックパール

◇センシュアルレッドマイカ

◇グレーメタリック

PHVでは、スレートグレーメタリックの代わりとして、シンプルなグレーメタリックがラインナップされるとのこと。

新型ハリアーPHVの内装はスポーティなブラック×レッド?!快適装備もレクサス並み?気になる続きは以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!