想像以上にかなり高いぞ…フルモデルチェンジ版・日産の新型セレナe-POWER LUXION(C28)の見積もりしてみた!何と車両本体価格は驚きの479.8万円

日産の新型セレナe-POWER LUXION[2WD]の見積もり内容をチェックしていこう

via:意匠ウォッチ

それでは早速、日産の新型セレナ(C28)の最上級グレードとなるe-POWER LUXION[2WD]の見積もり内容をチェックしていきましょう。

【(2023年)新型セレナe-POWER LUXION[2WD]の見積もり内容(10%税込み)】

①車両本体価格:4,798,200円

◇ボディカラー:プリズムホワイト

◇インテリア:プレミアム(合成皮革)


②メーカーオプション:198,000円

◇プリズムホワイト:44,000円

◇アクセサリーコンセントAC100V/1,500W:55,000円

◇寒冷地仕様:99,000円
・ホットプラス&クリアビューパッケージ
・不凍液
・PTC素子ヒーター


③ディーラーオプション:229,540円

・ETCセットアップ:3,300円

・ベーシックパッケージ(マット/バイザー/ナンバーロック):103,480円

・後席専用11インチモニター(HDMI接続対応):122,760円


④税金・保険料他:348,500円

総支払額(①+②+③+④):5,574,240円

総支払額としては約557万円となりました。

車両本体価格からは概ね予想はしていましたが、ミドルサイズミニバンの最上級グレードで、おまけに電動テールゲートや2列目シートオットマン無しだとこの金額は考えものだと思います。

参考までに、競合モデルのトヨタ新型ノア(Toyota New Noah)/ヴォクシー(New Voxy)の最上級ハイブリッドS-Z[2WD]のフルオプション+14インチ有機ELリヤモニター付きで約511万円、ホンダ新型ステップワゴンe:HEV SPADA PREMIUM LINE[2WD]のフルオプション+15.6インチリヤモニター付きで約480万円となるため、これらよりもかなり高額であることは間違いないですね。

e-POWER LUXIONの場合、良くも悪くもメーカーオプションは殆ど無く標準装備が主のため、削れるところが中々見つけるのは難しいと思います。

あと後席モニターは最大11インチのままで、Nissan CONNECTナビゲーションディスプレイだとCD/DVDデッキが付かないため、長距離移動時の子供の時間の過ごし方も考えものかもしれません。


e-POWER LUXIONの残価率は3年1,000kmで驚異の69%

via:Twitter

ちなみに新型セレナの残価率は、3年1,000kmでも最低61%からと非常に高く、最上級グレードe-POWER LUXIONだと驚異の69%なので、残クレにて契約を検討される方は、月々の支払いをある程度抑えることはできるかもしれません。

ただし、これは3年後の残価を保証するものではないため、中古車相場が変動すれば売却金額よりも残債分が上回ることも想定されますから、改めてe-POWER LUXIONは買いなのかどうかはじっくりと検討しておく必要がありそうです。

日産の新型セレナ(C28)関連記事