ZOZOTOWN 前澤友作 CEOが世界初の月旅行客に。スペースXのイーロン・マスク氏が正式発表。ちなみに旅行費用はいくら?【動画有】

2020-05-26

スポンサーリンク

ZOZOTOWN 前澤氏が月へ行く

アメリカの100%電気自動車メーカ・テスラCEOを務め、更にはスペースシャトルの開発も行うスペースX CEOのイーロン・マスク氏が、巨大宇宙船BFRを使った世界初の民間月観光旅行客の第一号として、ZOZOTOWN CEOの前澤友作 氏と契約したことを発表しました。

前澤 氏といえば、現在総資産1兆円を超え、ブガッティ「シロン」やパガーニ「ウアイラ」等のスーパースポーツカー、プライベートジェットなどを所有し、日本の現代美術財団も設立した大富豪として有名。

スポンサーリンク

月旅行スケジュールはこんな感じ

今回発表された民間月観光旅行には、2023年に前澤 氏含む様々なアーティスト6人~8人(具体的には写真家や建築家、ファッションデザイナー等)を招待する予定となっています。
月旅行のスケジュールは、地球から384,400km離れた月への旅程として約1週間かかり、そこから帰還までを含めると約11日かかるとのことですが、これだけの壮大な月旅行ともなれば、最も気になるのがその費用。

前澤 氏によれば、すでに旅行の手付金は支払っているとのことですが、具体的な金額については未回答(しかも、まだ巨大宇宙船BFRも完成していない)。
なお、宇宙旅行だけでも優に数十億円にも上る多額の費用を支払う必要がありますが、月旅行ともなれば、100億円以上になることは間違いないとのことで、この点についても具体的にどういったところに多額の費用がかかっているのかも注目されそうです。

【First Private Passenger on Lunar BFR Mission】

【#dearMoon 001_Project Movie (日本語字幕)】

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう