レンタカーのブレーキが効かなくなり「ブレーキを踏み込むと加速した」とSNSにて投稿→案の定周りからのコメントは超辛口だった件

なお具体的なレンタカー会社や車種について言及していない模様

SNSにて、インタビュアーの川本えこさんがレンタカー会社から借りた車両のブレーキが全く効かず、更にブレーキを踏み込むと加速するという事案が発生したことをSNSにて報告。

内容としては以下の通り。

レンタカーのブレーキが効かなくなりました。

ブレーキを踏み込むと加速したので咄嗟にサイドを踏み込みました

アクセスと踏み間違えたのかと思ったけど、2度同じ現象が続き修理工事へ。

スピードが出てなかったから止まれました。やはり自転車がいい


アクセルとブレーキの基本構成は異なるため、ブレーキを踏んで加速することは考えられないが…

なお川本えこさんが投稿したSNSを改めて見ていくと、「ブレーキを踏み込むと加速した」とのことですが、実際のところブレーキは油圧で制御され、アクセルは電子制御によって構成されるため、基本構造は全くの別物。

ブレーキを踏み込んでアクセルの電子制御に直結するような不具合が発生することは考えられないため、そう考えると「頭の中ではブレーキを踏んでいる」と認識していても、「実際の体はアクセルを踏んでいた」ということも十分に考えられそう(要はアクセルとブレーキの踏み間違い)。

また「咄嗟にサイドを踏み込みました」と記載されていますが、おそらく「サイド=ブレーキペダル」だと予想。

具体的な車種が明らかになっていないため、AT車なのかMT車なのか、AT車であれば足踏み式パーキングブレーキ搭載車なのか、電動パーキングブレーキ搭載車なのか、それとも手引きサイドブレーキ搭載車なのかが明確になっていないので何とも言えないところではあるものの、「サイドを踏んで停車できた」のであれば、やはり”アクセルとブレーキの踏み間違え”とも考えられるかもしれませんね。

レンタカー会社は基本的に貸し出す前に点検を実施している

なお参考までに、レンタカー会社は基本的に顧客に車両をレンタルする場合、貸度約款の第13条(点検整備及び確認)を満たしていることを前提に貸し出すため、故障した車両を提供することは中々に考えにくいところ。

道路運送車両法第48条(定期点検整備)に定める点検をし、必要な整備を実施したレンタカーを貸し渡すものとします。

2 当社は、道路運送車両法第47条の2(日常点検整備)に定める点検をし、必要な整備を実施するものとします。

3 借受人又は運転者は、前2項の点検整備が実施されていること並びに別に定める点検表に基づく車体外観及び付属品の検査によってレンタカーに整備不良がないことその他レンタカーが借受条件を満たしていることを確認するものとします。

4 当社は、前項の確認によってレンタカーに整備不良が発見された場合には、直ちに必要な整備等を実施するものとします。

via:https://www.nipponrentacar.co.jp/

案の定SNSでのコメントは辛口&辛辣

今回の投稿内容に対し、例によっては閲覧者からのコメントが想像以上に辛口。

踏み間違いの恐れはあるにしても、事故の有無などを心配する声が圧倒的に少ないのも気になるところです。

ブレーキを踏んで車が加速する事は物理的にありえません、ただ止まらなかったならブレーキの故障もありえますが 全くの別回路であり構造的に不可能です 加速したなら貴方が踏んだのはブレーキではなくアクセルです

免許返納をお勧めします

是非とも池袋で暴走する前に免許返納して欲しい

一生車乗らないで自転車で過ごしてください 池袋の事件の様が起こってはおそいのです 世のために考えた行動を

いや、それ「踏み間違え」ってやつです。 主に初心者ドライバーや高齢ドライバーに良くみられる症状です。 自分の運転を過信せず何回もしているなら家族や医師に相談し必要であれば免許を返納しましょう。 免許を返納することは恥ずかしい事ではないです。 尊い命を奪う前に一度考えてみてください。

可能性があるならば 勘違いです 止まると思いブレーキを踏んだのに故障で止まらず空走したのを加速したと錯覚したのなら、貴方はブレーキを踏んでいたのでしょう それならばあり得る事で納得できます しかし本当に加速した つまりエンジン回転が上がり加速体制に入ったなら 100%アクセルを踏んでます

あまり怖い事言いたくありませんが自分はブレーキ踏んでいるのに加速していた、という事柄が実際に起きていたら行くのは自動車工場じゃなくて脳外科です。 知り合いが同じ事が何度も起きるので不思議に思ってたら脳外科受診を強く勧められ結果癌が見つかりました

このツイ内容が事実なら、他の返信にもあるように、貴女はメーカーと車名、そしてレンタカー会社を公表すべき。 「2度同じ現象が続き」とあるからには勘違いの動作ではない、危険で異常な故障症状だ。 誰しもが思うのはあの事故とあの車種だろう。 でなければ不安を煽る、ただのデマ拡散でしかない。

アクセルとブレーキの踏み間違い?により、保育園児が遊ぶ公園に車が突っ込む危険な事故も…気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう