【Twitterのプレゼント企画にご注意!】レクサス「RX/LC」をプレゼントと企画するも「RX」のフロントは前期、インテリアは後期仕様のため嘘であることが丸わかりな件

2020-05-27

~わかってはいても騙されることもあるので注意喚起を~

以前よりTwitterにて何かと話題となっているプレゼント企画。
元ZOZOTOWN CEOの前澤友作 氏が、お年玉企画として100人に100万円(合計1億円)を抽選でプレゼントする企画がきっかけとなり、他のTwitterユーザーにおいても1億円プレゼント企画や、商品をプレゼントする企画といった詐欺行為が後を絶たないままとなっています。

フォロワー数やいいねの数を多くもらうだけでなく、抽選に当選したと偽り個人情報を入手するといった悪質な行為も十分に考えられる偽企画ですが、今回もそういったプレゼント企画が行われている模様。


~わかる人にはわかる。とりあえずツッコミどころ満載のプレゼント企画~

上の通り、【クリスマスプレゼント企画】として自身が19台所有する内の2台となるレクサス「RX300 F SPORT/LC500」をプレゼントするそうですが、これを見て真っ先に疑問に思うことが何点かありますね。

まずは撮影しているスポットが全てレクサスディーラであること。
おそらくは展示車もしくは試乗車ではないか?と思ったりもしますが、上の「LC500」のグレードは何なのか?という問い合わせに対して回答が無いのが非常に残念なところ。

こちらもディーラにて撮影されているであろう「RX300 F SPORT」。
ツイートには「RX300 F Sports」と記載されていますが、厳密には”F SPORT”ですね。

そして今回の企画が完全に嘘であることを証明しているのが上の内装画像。
ディーラにて撮影されていることが確認できるのはもちろんなのですが、「RX300 F SPORT」専用と思われるインテリアを見てみると、センターコンソールにあるリモートタッチがジョイスティックタイプではなくタッチパッド式になっていますね。

先ほど撮影された「RX300 F SPORT」はマイナーチェンジ前の前期仕様となり、本来であればインテリアのリモートタッチはジョイスティックタイプであることから、この時点で整合性が取れていないのが非常に残念(もう少し徹底してほしかった…)。

ちなみにこのタッチパッド式、マイナーチェンジにより変更されたポイントとなる一方、シートもダークローズではなくフレアレッドに変更されているため、この辺りはレクサスに詳しい方ならすぐにわかってしまうポイントです。

車以外にもやはり2億円プレゼント企画も行っているようですね。
本気にされている方もいらっしゃいますが、安易に応募して個人情報を提供することだけはやめましょう。

☆★☆ハプニング関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう