間違いなくダイハツ新型「タント・カスタム」よりもコッチをおススメする!ホンダ「N-BOX Custom」を代車として丸一日借りて試乗した感想をまとめてみる

2020-05-27

スポンサーリンク

~「N-BOX」を試乗して色々と軽自動車の概念が変わってしまったような気がする…~

さて、いつもお世話になっているホンダディーラーより代車としてお借りした大人気軽自動車「N-BOX Custom」ですが、前回は内外装インプレッションをお届けしてきたので、今回は丸一代車としてお借りし、ある程度の距離を試乗しての感想をまとめたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~とりあえずビッグマイナーチェンジを控える「N-BOX」の発売が待ち遠しい~

前回のおさらいとなりますが、今回私が代車としてお借りしたのは最も人気の高いグレードとなる「N-BOX Custom G・L Honda SENSING」で、エンジンは自然吸気系、駆動方式は四輪駆動(4WD)、そしてボディカラーはクリスタルブラック・パールとなります。

正直、「N-BOX Custom」を代車としてお借りする前は、そこまでこのモデルの良さを理解していなかったですし、単純に軽自動車モデルとしては圧倒的人気を誇るモデルという上辺の情報しか知らなかったものの、嫁さんや子供を連れて色々と走り回ってみたところ、その実用性の高さはとんでもなく、子供も特に不満を言うことなく十分に満足できた一台ではないか?と思える程でした。

っというのも、私が現在所有する新型「フィット4」よりも、走りの点において優れているところがいくつかありましたし、老若男女問わず多くのユーザーが購入する理由も良くわかりますし、最大のライバルともいえるダイハツ新型「タント(Daihatsu Tanto)/タント・カスタム(Tanto Custom)」よりも人気が高いこともよく理解できたというのが正直なところ。

~後席に乗る人たちもゆったり過ごせる空間と走りを提供~

まず走りの点についてですが、これは私も所有していた(とはいっても母親用でしたが…)新型「タント・カスタム」に比べて、路面の段差などを突き上げる感覚がほとんど無く、広々とした後席に座っていた子供もビックリせずに安心して乗っていました。

エンジンブレーキについても、新型「フィット4」に比べて良く効きますし、フットブレーキよりも滑らかに減速してくれるのはありがたいですね。
仮に滑らかにフットブレーキを活用しても、あまりに多用し過ぎると後席に乗る子供も結構気になるようです。
あとは後席用の格納式アームレストが装備されていたので、これもフルに活用していましたし、ゆったりとしていたのが印象的でした。

あとは軽バン特有の背高いスタイリングによる風による揺れや不安定さについてですが、これは多少の割り切りは必要なものの、個人的な感想としてはダイハツ新型「タント・カスタム」よりも安定していて、ドッシリ感もあったので(新型「タント」と比べると)不安定さは無かったように思います。

運転席から見る視界の広さも十分ですし、天井も非常に高くて圧迫感も無いので、運転している私や助手席に乗っていた嫁さん、あとは後席に座っていた子供も全く圧迫感を感じず、特に乗り物酔いの激しい子供も、全く酔っていなかったのが印象的でした(試乗車でもあるので、多少のニオイは気になったようですが…)。

~トータル的には非常に評価の高いモデルだったと思う~

オートクルーズコントロール等の安全装備の確認はできなかったものの、車内に大人と子供の計4人が乗っていても非力さを感じることが無かったのが正直なところですが、これを峠の上りなどで利用した際には非力さを感じる可能性は高そうですね(おまけにノンターボなのでトルクは低い)。

あくまでも街中での走行に重視した試乗ではありましたが、約1時間程運転しても疲れませんでしたし、もしかしたら長距離運転でもそこまで疲れないかもしれません。
この辺りについては、もしもビッグマイナーチェンジ版・新型「N-BOX/N-BOX Custom」が発売されたら、是非とも購入の候補に挙げて細かくインプレッションしていきたいと思いますが、現行のモデルでも十分すぎる質感ですし、十分納得はできると思います。

現時点で大きな不満は無いものの、唯一挙げるとすれば電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドが装備されていないことぐらいでしょうか。
おそらくこの辺りもビッグマイナーチェンジで採用されるでしょうが、それ以外は長期的に使っていかないとわからないぐらいに良く考えて作られたモデルなのだと思います。

☆★☆ホンダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう