大人気ユーチューバー・水溜りボンドがトヨタ新型「アルファード」を購入・納車!何とセイキン(Seikin)氏と同じグレードを選び総額1,000万円超え?!【動画有】

2020-05-27

~まさか水溜りボンドがあの高級車を購入するとは…~

ユーチューブ登録者数425万人の大人気ユーチューバー・水溜りボンドが、新しいクルマを購入するために中古車ショップ・エクシア(EXCIA)千葉営業所さんに訪問。
敢えて新型車ではなく、即納可能な中古車を選定しているところも高い好感を抱きますが、検討している中古車の予算が約1,000万円というのも中々に驚き(しかも水溜りボンド史上最高額の買い物だとか)。

やはり登録者数400万人を超えている人気ユーチューバーだけであって、その月収も桁違いなのだと予想されますが、最近では例の社会問題の影響により経済が非常に不安定ではあるものの、こうして高額車両を購入することでしっかりと経済を回しているところも更に好感が持てるところですね。


~まずは予算に見合った車両を探してみる~

早速店舗内に入ってみると、いきなりランボルギーニのSSUVモデル「ウルス」が登場。
出だしから予算オーバーなモデルが登場ということで、これは流石に却下。

続いてはレクサスのフラッグシップセダン「LS」。
後席の居住空間はもちろんのこと、リヤエンターテイメントシステム等も装備され、いかにもショーファーカーといった感じ。
今回購入する車は、あくまでも普段の移動用ということで、実用性はもちろんのこと、助手席や後席に乗ってゆっくりくつろげる個体を探しているのだとか。

こちらはベントレー「コンチネンタルGT」。
2ドアクーペで、助手席はそれなりに広いものの、価格帯や実用面では流石にマイナスか?

続いてはポルシェ「パナメーラGTS」。
4ドアタイプで価格帯も850万円と予算内ではあるものの、ちょっと好みではない様子。

続いてはトヨタ新型「アルファード」。
ブラックのボディカラーにオラオラ顔のフロントグリルが何とも印象的。

運転席には絶対乗らず、とりあえず後席に乗る二人。

TVモニターなどのギミックを見てかなり感動している様子。
これはかなりの好感触か?

なお、水溜りボンドが見ていたグレードは、「アルファード」の上位グレードとなるエグゼクティブラウンジSで、あの大人気ユーチューバー・セイキン(Seikin)氏も購入したグレードとなりますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

~色々と物色してみた結果?~

「アルファード」を見た後、ランドローバー「レンジローバー」等のSUV系も見ていきますが、やはり「アルファード」が気になるようで、再度後席に着座。
かなり気に入っている様子。

色々見ていった結果、遂に自身が気に入った車両を購入することに。

購入するモデルはやはり「アルファード”エグゼクティブラウンジS”」。
実用面はもちろんのこと、車内の居住スペースや快適感、予算面等において、全てを満足する一台だったそうです。

~決定後はすぐに書類にサインし、現金一括購入~

店舗内に入り、商談ルームにて早速契約。
現金一括購入ということで、こういったところもユーチューバーの夢あるところではないかと思います。

「アルファード」納車後は、早速後席での試乗レビューを行っていますが、断固として運転席に座らないところがまたユニーク。
あくまでもショーファーカー用と購入した以上、絶対に運転しないキャラを貫き通していくのでしょうね(ある意味カッコいい)。

 【【○○○○万円!?】トミー、車を買う。】

☆★☆「アルファード」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう