これがフルモデルチェンジ版・日産の新型「エクストレイル」?新型「ジューク」顔でダイナミック且つスポーティ、そしてアウトドア色も強調した一台に?

2020-05-27

~新型「エクストレイル」は日産にとって絶対に失敗できないモデル~

以前、日産のフルモデルチェンジ版・新型「エクストレイル(Nissan New X-Trail)」と思われる特許画像が公開されていましたが、早くもこの画像を用いた完成予想レンダリングが公開されています。
今回レンダリングを作成したのは、デジタルアーティストでお馴染みとなるKolesa.ru氏で、実車とほぼ同じデザインの新型「ジューク(Juke)」のレンダリングを作成するなど、その完成度が非常に高いことでも有名ですね。

今回、新たに作成された新型「エクストレイル」のレンダリング画像ですが、特許画像を用いて忠実に再現された画像とのことであり、フロントの大口化されたVモーショングリルやメッシュデザイン、更には細めのLEDデイタイムランニングライトは新型「ジューク」に寄せることにより、今後の日産のアイデンティティになることが予想されます。

ただ、その下に設けられた長方形タイプのLEDフロントヘッドライトは独立式で、新型「ジューク」とは異なるデザイン性で、よりアグレッシブな印象を受けます。


~各所にはオフロード感を強調するプロテクタパーツも~

ボディカラーとしては、非常にスポーティなブルーとブラックの2トーンカラーを採用していますが、実際に新型「エクストレイル」でも2トーンが採用されるかは不明。
個人的には是非ともラインナップしてほしいポイントではありますが、シティ派クロスオーバーを意識している新型「ジューク/キックス」では2トーンを採用していても、アウトドア派のクロスオーバーとなるであろう新型「エクストレイル/キャッシュカイ」ではモノトーンのみが採用されるのではないか?と予想してみたり。
そして足元のアルミホイールはトヨタ「C-HR」っぽいデザインですが、このデザインが採用される可能性は低そう(明らかにスポーティ過ぎる)。

あとはサイドステップ部分のブラックのパーツや、フロントロア部分のブラックのパーツ、フロント・リヤフェンダーのプロテクターパーツ等、オフロード感を強調させるデザインは新型「ジューク」と異なるところでないかと思います。

~リヤデザインは現行「エクストレイル」から抜けきれない?~

気になるリヤデザインはこんな感じ。
リヤテールランプは、現行モデルのデザインを踏襲したC字形状となっていますが、実際にこのデザインが採用されるかは不明。
あとはリヤロアバンパーがほぼほぼプラスチックタイプとなり、この辺りはチープ感がとても際立つポイントでもありますね。

そしてこちらが実際に公開されて特許画像のリヤデザイン。
リヤテールランプのハウジング部分は確認できますが、LEDリヤテールデザインまでは確認できず。
パッと見では現行モデルとあまり変わらない印象を受けますが、ここから現車ではどういったデザインに変化するのか注目したいところです。

~今のところ判明しているパワートレインは1.5リッターe-Powerエンジンのみ~

なお、これは前回のブログでもお伝えした通りとなりますが、エンジンは日産の新技術となる可変圧縮比(VCR)を採用した排気量1.5L 直列4気筒VCRエンジン+e-POWER技術を組み合わせるハイブリッドシステムを採用し、2021年を目途に市場へと投入するという情報が公開されています。

日刊工業新聞によれば、VCRエンジンは、走行状況に応じてエンジンの圧縮比(8~14)を変えることが可能で、燃費を高めたい低負荷域において圧縮比を高め、坂道などの高出力が必要な高負荷域において圧縮比を下げることでノッキング(異常燃焼)を抑えるというもの。

こうした動作を連続的に行うことで、幅広い走行シーンにおいて高い燃費効率と優れた走行性能を実現する理想的なエンジンだそうですが、個人的には「セレナe-POWER」(排気量1.2Lハイブリッドモデル)にて体感したトルク不足が新型「エクストレイル」にてしっかりと解消されるのかどうか?といったところは気になるところではありますね。

~発売時期は遅れる恐れも?~

なお、新型「エクストレイル」は2020年後半に欧州市場もしくはアメリカ市場にて導入される予定ですが(日本市場は2021年)、例の社会問題の影響により、開催される予定だったモーターショーが続々と延期・中止を発表しているため、もしかすると新型「エクストレイル」の発表時期も遅れる恐れもあるかもしれません。

☆★☆新型「エクストレイル」関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:Kolesa.ru

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう