【世界最速?!】フルモデルチェンジ版・フォルクスワーゲン新型「ゴルフ8」のカスタムモデルが早速登場!シャコタン&馬力アップで過激スポーツモデルに

2020-05-27

スポンサーリンク

~過激チューナーが世界最速レベルの新型「ゴルフ8」カスタムモデルを提案~

海外の有名チューナーでお馴染みJMSが、2019年に発表・発売されたフォルクスワーゲンのフルモデルチェンジ版・新型「ゴルフ8(Volkswagen Golf 8)」のカスタムモデルを発表。
今回JMSが発表したカスタムモデルは、外観を大きく変更するオリジナルバンパーやエアロキット、更に足回りやエンジン強化などを行うことでパワフルなモデルに仕上げられるとのこと。

エクステリアの具体的な変更については、最低地上高が30m下がったアグレッシブなフロントスポイラーを装着し、更には「ゴルフGTI」からインスピレーションを受けるレッドのアクセントを加味することで、全体的にスポーティな印象を追加しています。

スポンサーリンク

~外観だけでなく足回りやエンジンチューニングも可能に~

リヤプロファイル部分を見ていくと、フレアサイドスカートやエキゾーストカットアウト無しのリヤディフューザーがインストールされていますが、要望次第ではカスタムエキゾーストシステムをインストールすることも可能になっているそうです。

足回りについては、KWコイルオーバーサスペンションをインストールし、更にはダークガンメタル仕上げとレッドのラグナットを備える特殊な19インチバラクーダツナメEVO軽量アルミホイールを装着していますが、結構なシャコタン仕様にカスタムされていますね。

なお、これらのカスタムパーツは2020年9月にリリースする予定ですが、この他にも様々なアップグレードキットを発表する予定で、もしかすると新型「ゴルフGTI/ゴルフR」といったハイパフォーマンスモデルにも適用可能なパフォーマンスキットを発表する可能性もあるとのこと。

そしてまだまだ先ではあるものの、エンジンチューニングキットも将来的には発表する予定とのことで、排気量1.0Lガソリンエンジン(最高出力90ps/110ps)や排気量1.5Lガソリンエンジン(最高出力130ps/150ps)、更には排気量2.0Lディーゼルエンジン(最高出力115ps/150ps)やPHVモデル(システム総出力245ps)が対象になっているとのことです。

☆★☆「ゴルフ8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう