遂に来た!ビッグマイナーチェンジ版・レクサス新型ISのティーザー画像が公開!2020年6月10日にデビュー、リヤテールはUX同様に一文字を採用

遂に新型ISのリヤテールランプが明らかになったぞ!

レクサスのビッグマイナーチェンジ版・新型スポーツセダンISが、いよいよ日本時間の6月10日午前8時に世界初公開されることが明らかとなり、更にレクサスの公式ツイッターでも、同車のリヤテールランプを示すティーザー画像が公開されています。

BMW新型3シリーズやアウディA4、メルセデスベンツCクラスを競合視した今回の新型ISですが、プラットフォームは現行モデルからそのまま流用されるものの、全長や全幅がサイズアップし、更にリヤテールランプはUX同様に一文字タイプの直結型を採用していることがわかりますね。

とは言いながらもUXとは”ちょっと異なる”一文字タイプに

ちなみにUXのリヤテールランプはこんな感じ。

UXは両サイドに折り目を付けることでLexusの”L”をイメージしつつも真っすぐな直結タイプとなりますが、新型ISに関してはアーチを描くようなちょっとユニークなリヤテールランプになることがわかります。

改めて見てみるとこんな感じ。

思ったよりもリヤテールの位置が高いようにも感じますが、トランク部分とリヤサイドバンパーに設けられたテールとの間に切れ目があるのがわかる一方、やはり気になるのはリヤウィンカーの位置がどこになるか?といったところでしょうか。

ちなみにこちらが加工を施したあとの新型ISのリヤデザイン。

恐らく現行モデル同様に流れるタイプのシーケンシャルではなく、点滅タイプになると思われますが、流石にトヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)のようにリヤロアバンパー部分(リフレクター上部)にだけは設けてほしくないところではあるものの、上の画像にもある通り、リヤテールハウジングのクリアランス部分が点滅するものと予想されます。

日本市場向けの新型ISの今後の具体的な販売スケジュールは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう