フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ハリアーの主要諸元を公開!ちなみに一部のディーラーでは本カタログも配布している模様

ちなみに新型ハリアーの実車も各ディーラーにほぼ配備されている模様

2020年6月17日の発表・発売まで残り僅かとなったトヨタのフルモデルチェンジ版・新型ハリアー(Toyota New Harrier)ですが、続々と実車が各ディーラーに配備され、更には一部のトヨタディーラーでも公式カタログが配布されているそうです。

なお展示車・試乗車については、各ディーラーに全グレード配備する予定との情報も入っていますが、かならずしも発売日までに全グレードが配備されるわけではないようで、なかにはオーダーが集中しすぎて一部グレードの配備が遅れるものもあるそうですから、もしも気になるグレードやオプションなどがあれば、この辺りは一度最寄りのディーラーにてどういったモデルが配備されるのか確認した方が良いかもしれません。

改めてみるとリヤウィンカーはやっぱり見づらい

そして皆さんが最も気になっているであろう新型ハリアーのリヤウィンカーですが、上の通りリヤロアバンパーのリフレクター上部が点滅するようになっていて、これは何度も口酸っぱく言っていますが間違いなく見にくいです…

そしてマイナーチェンジのタイミングにて高確率でリヤテールランプのところに移行すると思われます。

こういったところは、トヨタの前期型ではよくある話だそうで、あくまでも中期型もしくは後期型への余力を残すための戦略の一つだそうですから、今回もまんまとトヨタの策略にハマったと割り切った方が良さそうです。

そしてここからは新型ハリアーの気になる主要諸元内容をまとめていきたいと思います。

気になるその内容は、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう