フルモデルチェンジ版・日産の新型ローグ/エクストレイルの残念なポイント5つ!ボンネットはつっかえ棒、3列シートがラインナップされていない等…【動画有】

続々と公開されている新型ローグ/エクストレイルのインプレッション動画

2020年6月15日に世界初公開された日産のフルモデルチェンジ版・新型ローグ/エクストレイル(Nissan New Rogue/New X-Trail)ですが、早速このモデルの気になるポイントと言いますか…ちょっと残念に思うところ(5つ)が見つかったので早速ご紹介していきたいとい思います。

まだ実車を間近で見てのインプレッションではないため、何とも言えない部分もあるかもしれませんが、個人的に気になっているモデルでもありますからね。

今後トヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)と比較したいモデルでもあるので、新型エクストレイルの購入を検討していたり、気になる方は参考にしていただけたらと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ちなみに、アメリカ市場にて発売予定となっている新型ローグは、今のところ排気量2.4L 直列4気筒自然吸気エンジン(最高出力181hp/最大トルク245Nm)のみをラインナップし、2020年秋ごろに発売予定となっていますが、日本市場では排気量1.5L 直列4気筒VCR(可変圧縮比)エンジン+電気モーターを組み合わせたe-POWERモデルがラインナップ予定で、2021年の冬~春頃に発売予定となっています。

気になる新型ローグ/エクストレイルの残念ポイント6つは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう