フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ハリアーで軽く峠道を走ってきた!登りはとにかくエンジンが唸る!下りはエンブレ効きまくり、そして足回りは…?

納車された新型ハリアーで峠を走るのは意外と初めて

さて、私に納車されたトヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)・ガソリンZ”Leather Package”(FF)にて、納車後初となる峠走行インプレッション。

これまでは街中メインで、傾斜のキツ過ぎる山道や下り坂をほとんど走ることなく、速度をある程度出す際は高速道路をメインで利用するなど、全くと言って良いほどに峠を利用することはありませんでした(試乗車では少しだけ峠を走らせていただいた)。

そのため新型ハリアーFF本来の走りをそこまで体感できていないのも事実で、どれだけアクティブな走りができるのか?

上りと下りの走りでは、他のSUVに比べてどういったところが違うのかもチェックしていきたいと思います。

なお、この日は天候にも恵まれて一切雨なども降らずに外気温は33度程と真夏日。

熱気に包まれた車内の本革シートはホカホカでシートヒーター要らず、本革ステアリングも握るのがちょっと厳しい程、そしてセンターシフトノブもとにかく熱すぎて触れないほどでしたが、それでも何とか峠を攻めてみましょう。

気になる新型ハリアーでの峠走行インプレッションの続きは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう