えっ、これがホンダZ?スズキ・ジムニーのラダーフレームやエンジンを採用し、33インチオフロードタイヤ&クロカン仕様に過激改造されたZが販売中

恐らくここまで過激に改造されたホンダZは、世界でこの一台だけだと思う

海外のインターネット中古車サイトeBayにて、謎の過激カスタムが施されたホンダZ(Honda Z)が販売されています。

今回販売されている個体は、北米市場でも600クーペとして販売されたコンパクトモデルで、日本市場では1970年~1974年と非常に短い期間にて販売された軽自動車モデルでもありますね。

ベースとなるエンジンは、600クーペの名称にもなっている通り排気量600cc 直列2気筒エンジンを搭載しますが、日本市場ではN360型と更に控え目となる排気量360cc 直列2気筒エンジンを搭載しており、車体重量も500kg台ととにかく軽量。

ただ今回eBayにて販売されている個体は、600クーペ本来のコンパクトさはなく、なぜか足元にはブラックのアルミホールと33インチの大口径オールテレーンタイヤが装着され、プラットフォームはスズキ・サムライ(ジムニーの輸出名称)のラダーフレーム構造を持ち、更に大幅なリフトアップによりゴリゴリのオフロード仕様へと過激改造されています。

見るからにかなりヤバそうなホンダZ?は、プラットフォームだけでなくエンジンもスワップされていた!気になるスペックや価格帯などは、以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう