フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ハリアーの高速道路走行インプレッション!気になるドライブフィールや足回りもチェック。色々言ってるけど総じて満足度は高い

新型ハリアーでの高速道路インプレッション!今回は走行モードも変更してみた

さて、2020年7月3日に納車されたばかりとなる私のトヨタ新型ハリアー(Toyota New Harrier)・ガソリンZ”Leather Package”ですが、ランドローバー新型ディフェンダー(Land Rover New Defender)の取材で移動する必要があったため、ある程度の距離を走行するために高速道路での走行インプレッションを行ってきました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回は走行モードをNORMAL/SPORTモードに限定してのインプレッションとなりますが、普段の街乗りでは常にECOモードでのまったり運転となるため、アクセルレスポンスにちょっとしたラグがあったり、エンブレがそこまで効かなかったりとちょっと評価は低め。

ですが、これがNORMAL/SPORTモードになると燃料消費を極力抑えることもなく、アクセルレスポンスが一気に向上し、エンブレでの減速もグイグイ効く印象がありますね。

その分燃費は若干落ちたりするものの、周りの流れに合わせながら走行しても高速道路であれば16km/L~18km/Lの燃費で走れますからね。ここまで走れたら十分だと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

気になる新型ハリアーのドライブフィールについての評価は?続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう