ネットの力は恐ろしい…首都高・湾岸線にてポルシェ911GT2RSでクラッシュし2名の命を奪った彦田嘉之 容疑者。ナンバー装着せずに走行…会社並びにHPを特定したとの情報も【動画有】

2020-08-03

スーパーカー/スポーツカー系の悲惨な事故後、ネットでの特定の動きが早すぎる

さて、2020年8月2日の午前8時頃、神奈川県川崎市川崎区東扇島の首都高速道路・湾岸線西行き(横浜方面)となる東扇島入口の先にて、オレンジカラーにブラックのダブルストライプが入ったポルシェ911GT2RS(Porsche 911 GT2 RS)とトヨタbBが大破し、bBに乗っていた男女2人が死亡、911GT2RSの助手席に乗っていたドライバーの息子が打撲、そして911GT2RSのドライバーが無傷という、とんでもない事故が発生しました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

この死亡事故により、911GT2RSを運転していた東京都江戸川区南葛西住みとなる会社役員の彦田嘉之 容疑者(50)を、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し、同致死に容疑を切り替えて調べています。

今回の事故について、彦田容疑者は「速度にして100km/h以上出していたことは間違いない」、「(スピードを)出しすぎちゃった」と供述していますが、あれだけのとんでもない大破事故だったわけですから、おそらく速度にして200km/h近く出していてもおかしくないレベルだと思います。

なぜ彦田容疑者だけは無傷だったのか?

それでいて彦田容疑者が無傷だったのは、カーボンを多用した頑丈なボディと、車内に設けられたロールケージがあったからこそケガを免れた事故なのだと考えるも、それと代償にトヨタbBは完全大破して原型をとどめておらず、車内にいた2人の内一人は、シートベルトをしていたにも関わらず事故の衝撃で体が折れ曲がり、シートベルトから抜けて車外へと放り出されて死亡という酷い結果に…

既に彦田容疑者を特定する動きもあり、なかには大黒PAにて走行する動画や、会社のホームページを特定したとの情報も…気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう