何コレ酷い…自宅で小切手をプリントして約1,500万円のポルシェ新型911ターボを購入した男が逮捕。しかもロレックスの腕時計も購入しようとするも失敗に終わる

最近ポルシェに関する良い話を聞かないような気がする

先日、神奈川県川崎市川崎区東扇島の首都高速道路・湾岸線西行き(横浜方面)となる東扇島入口の先にて、ポルシェ911GT2RS(Porsche 911 GT2 RS)とトヨタbBが大破し、bBに乗っていた夫婦2人が死亡する大事故が発生。

これにより、911GT2RSを運転していた東京都江戸川区南葛西住みとなる会社役員の彦田嘉之 容疑者(50)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕されていましたが、今回はアメリカ・フロリダ州にて、偽の紙幣(小切手)を日常的に使用し、更にはその偽のお金でポルシェ新型911ターボ(New 911 Turbo)を購入・納車されていたことが明らかとなり逮捕されました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ポルシェディーラーがすぐに気づかないほどに偽小切手の完成度は高かった?

この事件は、2020年7月27日(月)にケーシー・ウィリアムス容疑者(42)が約1,470万円(139,203.05ドル)の偽小切手を悪用し、デスティンにあるポルシェディーラーにて新型911ターボを購入したとのこと。

もちろん、ポルシェディーラーは後に小切手がコピーされた偽物だと気づいてオカルーサ郡保安官事務所に通報したため、ケーシー・ウィリアムス容疑者は詐欺行為並びに911ターボを盗んだ容疑で即逮捕されました。

何とウィリアムス容疑者はポルシェ911ターボだけでなくロレックスも購入していた?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう