フルモデルチェンジ版・スバル新型WRX STIはこなる?過激なリヤウィングと4本出しマフラー、更に新エンジン搭載で400馬力超えとの噂も

次期型WRX STIは、見た目もスペックも更に過激さを増すことは間違いなさそう

via:https://response.jp/

2019年末でEJ20型搭載モデルが販売終了となったスバルWRX STIですが、早くもこのモデルをベースにしたフルモデルチェンジ版が2021年後半~2022年前半頃に登場するとの噂が浮上し、更に新型WRX STIの外観はこうなる?というレンダリングが公開されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

今回このレンダリングを作成したのは自動車ニュースサイトSpyder7さんで、フロントマスクは公開されていないものの、リヤデザインはかなりアグレッシブなものになり、それでいて現行モデルに比べてハードコアな一台になることが予想されます。

早速レンダリング画像をチェックしていこうと、ボディ全体がかなりワイドな印象を受けることから、おそらく次期型は現行インプレッサ(Impreza)に使用されているSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)の改良版を採用すると予想され、ボディ剛性の向上や走行性能の進化が見込まれる一方、前席・後席の居住性も大幅に向上することが予想されます(多分ホイールベースも延伸)。

新型WRX STIのリヤデザインはトレンドデザインも取り入れる?スペック派どうなる?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう