最高出力1,175馬力で価格は1億円超え。ジュネーブにて、ゼンヴォ「TS1 GT」が近日登場か

来週より、いよいよ開催されるスイス・ジュネーブモーターショー2017にて、デンマークのハイパーカーメーカであるゼンヴォが、設立10周年モデルとして「TS1 GT」を出展することがわかりました。

パガーニやケーニグセグといったハイパーカーに部類するゼンヴォですが、未だそこまでの認知度は高くないものの、そのスペックたるややはりランボルギーニやフェラーリとは大きく異なるパワーを要しており、デザインもかなり過激ですね。

スポンサーリンク

今回出展される「TS1 GT」のパワートレインは、排気量5.8L V型8気筒ツインスーパーチャージャーをミドシップに搭載し、最高出力は1,175を発揮。
駆動方式は何とも過激なFR駆動。
ギヤボックスはヘリカル・カットのクイックシフトが採用されます。
最高速度は402km/hまで到達し、0-100km/hは約2.5~2.8秒とのこと。

価格においては、「ST1」をベースにしているとのことから、価格はやはり驚異の1.4億円になるとのこと。
もちろん、販売台数も相当に限られるとは思いますが、具体的な販売時期等は近日発表されるとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう